【淡い柔らかさ】白とアイボリーと木のバスルーム



白い壁やタイルと淡い色の木の組み合わせって良いですよね。

木のバスタブの置かれたアイボリーホワイトのタイルと白い板材のバスルーム

こちらのバスタブ、イタリア ミラノのデザイナーEnzo Bertiさんのデザインしたものなんですが、明るくゆったりとした雰囲気のバスルームに木材の持つ柔らかさが加わって、とても居心地の良さそうな空間になってくれているかなと。

お風呂上がりに、冷たいタイルの上じゃなくてこのフローリングの上を歩くの、ちょっと良いかも知れませんね〜。完全にリラックスした状態で、足の裏の皮膚でまで木の優しい感触を楽しんじゃう感じ?

木製のバスタブ

 

こういう淡い色の木材って、一見するとお手入れが大変そうな気もしますけれど、実は濃い色の系統の木材よりも傷や汚れが目立たないので、メンテナンスも少し気楽だったりしますしね。

でも、浴室の床にタイルとフローリングをこんな風に組み合わせてしまうというのは、さすがにちょっと色々な処理が大変そうな気もしますけれど……。

いっそのこと、フローリングの板を固定しないでおいて、いつでも簡単に取り外せるようにしておけば、作るのもお掃除も簡単になりますし、裏にカビ生えたり腐ったりすることも無くて良いかも……?

( via archiproducts )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>