【手元も自在に明るく】壁面アームランプのあるキッチン



キッチンにこういうアームランプが用意されてるのって、ちょっと珍しいですかね。

壁面アームランプのあるキッチン1

でもこれ、意外と良いかも。

 

実は今、子供たちが夏休みで、僕以外の家族全員、数日前から南房総方面に遊びに行ってるため、この数日、家ではひとりぼっちで過ごしております。

最初の1日2日くらいは何となく新鮮で良いんですけれど、まあ、3日目の夜あたりからは、ちょっと寂しいような気にもなってきたりして…。

 

何日間も続けて人の立っていないキッチンを見ているからからなのかもしれませんけれど、キッチンって、何となくどこか明るさが足りないことが多いような気がしません?

別に暗くて困るほどじゃないけれど、微妙に薄暗い気がすると言いますか何と言いますか。

これ、自分の自宅でそう感じているからの意見なわけで、自宅のキッチンがそうであることは当然のこととして、よそのお宅に伺った際にも何となくそう感じることが多いんですよ。

 

例えば僕の家の場合、キッチンカウンターの周辺の天井には、こんな感じに60W相当の明るさのLEDのダウンライトが6つ埋め込まれてます。

キッチンの上のダウンライト2

コレに加えてシンクの上と換気扇の上にそれぞれライトがついてまして、料理をしたり片付けをするために必要にして十分なくらいの明るさが確保できていると言えばそうなんでしょうけれど、それでもどこか明るさが足りない気がするんですよね。

ダウンライトを使っているせいなのかも知れませんし、キッチンの照明計画/設計のパターンとして、極端に明るくし過ぎないことを考えた上でのことなのかも知れませんし、単なる僕の勝手な思い込みかも知れないんですけれどね。

 

でも、細かい作業をするときとかに、いつもよりもちょっと明るさが欲しいこともあるでしょうし、そういうときに、このキッチンみたいに、必要に応じてアームランプで手元を明るさを追加できるようになっていると、結構重宝するかなと。

壁面アームランプのあるキッチン2

 

何にせよ、明るい方が、作業もしやすいし、気分も何だか明るくなるのでは無いかという気はします。

でも、もしかすると、夕暮れの、ぼわっと浮かび上がるような少し物足りない明るさのキッチンで、料理を作りつつ家族が家に帰ってくるのを待っていてくれる人が居て、そこに順番に家族が帰ってくるというのが、家庭のキッチンというものなのかも知れませんけれどね。

( via desire to inspire )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>