スリット窓と中庭でつながるワークスペースとリビング



こちらのワークスペースの雰囲気、ちょっと良い感じじゃないですか?

隣接するリビングと内窓でつながるワークスペース1

幅3mくらいはありそうな広々としたデスクに加えて、作業専用のワークデスクがもう1つ。

 

作業用デスクの壁面は、全面が有孔ボードの収納に。

壁面全体が有孔ボード収納になっているワークスペース

工具から細かいパーツ類まで、ありとあらゆるものが、さっと手を伸ばして取れる範囲に整然と収めておけちゃいます。壁面全面が使えますので、将来的に道具が増えていっても、ちょっとやそっとでは収納スペース不足に陥ることが無さそうなのも魅力的ですね〜。

 

このワークスペース、単純に作業エリアとしての使い勝手が良さそうなところも当然素晴らしいんですけれど、この窓の作りがまたちょっと良いんですよ。

メインの作業デスクの正面、目線の高さに作られている、横に細長〜いスリット窓。

隣接するリビングと内窓でつながるワークスペース2

作業をしながら、ちょっと一息ついた瞬間に目線を上に上げるとそこに窓がある、というだけでも、気分的には相当良い感じだと思うんですけれど、それだけじゃないんです。

 

この窓の向こうは、実は、リビングとの間の中庭になってまして、

リビングとワークスペースの間の中庭1

 

ワークスペースに篭って作業をしながらにして、中庭やその向こうにいる家族と、お互いの様子が何となく感じ取れてしまう、付かず離れずの絶妙な距離感。

リビングとワークスペースの間の中庭2

下はリビング側からの風景。ちょっと分かりづらいですが、ワークスペースの方がスキップフロア的に4〜50cmほど低くなってまして、リビング側からは、ワークスペースを若干見下ろすような感じになっています。

リビングから中庭とその向こうのワークスペースを望む

同じ家の中なのにちょっと隔たれられた空間になっていて、でも、完全に隔絶されているわけでも無く、お互いに緩くつながっているこの感じ。こういうの、良いと思うんですよね〜。

 

ちなみに、リビングとワークスペースとの間の行き来は、中庭経由ではなくて、脇の通路から。

中庭の向こうにワークスペースのある家の図面

「一度外に出てから」というのも、別の空間に出て行く感じがして悪くないような気もしますけど、雨が降ったら困りますもんね。

 

中庭のあるお家を建てたいかな、とお考えの方がいらっしゃいましたら、単純に庭を作るのでは無く、中庭のあっちとこっちで、「何か」を隔てたりつなげたりすることを色々と考えてみると、面白いものを見つけることができるかも知れません。

( via Home DSGN )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>