【開放的で実用的】リビング・ダイニングと室内窓でつながるバスルーム



こちらのお宅、作りがちょっとおもしろいなと思ったのでご紹介させていただきたいと思います。

フランス パリの中心地、6区の一画をなすサン=ジェルマン=デ=プレ地区に建つ30平方mのワンルーム。メインスペースは、こんな感じのリビング兼ベッドルームになってまして、

30平米のワンルームのリビングスペース

 

リビングの右奥のエリアが、コンパクトなダイニング・キッチン。

30平米のワンルームのダイニング・キッチン

 

キッチンからリビング側のビュー。

30平米のワンルームのダイニング・キッチンからリビングを

 

と、ここまでは、ごくごく普通のワンルームという感じなんですが、ちょっと変わっているのが、リビングの壁に作られたこの室内窓と、その向こうのスペース。

室内窓で浴室とつながる30平米のワンルームのリビングスペース

 

じつはこちら、バスルームなんです。

バスルームとリビングの間に室内窓のある30平米のワンルームのバスルーム1

リビング・ダイニング・キッチンのすぐとなりがバスルームで、しかも、そことの間に室内窓があるなんて、ちょっとおもしろくないですか?

日本の住宅事情の感覚でワンルームのバスルームというと、狭いユニットで、圧迫感うんぬんを気にするどころか、単に「用をたすためのスペース」、寛いだりというのとは程遠いレベルというのが普通だと思うんですが、こちらのお宅のバスルームのように、他のスペースとつながる室内窓が作ってあると、雰囲気がずいぶんと変わってきますよね。

バスルームとリビングの間に室内窓のある30平米のワンルームのバスルーム2

窓があるだけで相当な開放感も得られますし、リビング経由での外部からの光も差し込んできます。これはなかなかよいアイディアなのではないかと。

ブラインドもついていますので、必要に応じて閉じることもできますから、単身者の1人暮らしや、子供のいない若い夫婦の2人暮らしくらいなら(夫婦といえども、お互いのプライバシーを尊重するべきなのは当然ですが)、このつくりで問題になるようなことは特になさそうですし、もしかすると、小学校低学年くらいのお子さんを1人でお風呂に入れさせるさいなんかにも、リビング・ダイニングエリアに居ながらにして中の様子を窺うことができて、意外と役に立ってくれるかも。

お子さんがお年ごろになったら、ちょっと考える必要はあるかも知れませんけれど、それでも、そういったもろもろを補って余りあるほどの、十分過ぎるメリットがあるような気がします。

これからお家を建てたりリフォームしたりするご予定のある方で、「どうにもバスルームのイメージが固まらないんだけれど、良いアイディアないかな」とお考えの方がいらっしゃいましたら、こんな感じのバスルームを参考にしてみるというのはいかがでしょうか。

( via ARCHITECTURAL DIGEST. )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>