【今更発見】中目黒BALS TOKYO跡地のニトリと一人掛けのソファ



早いもので気がつけばもう12月も半ば、1年の終わりが刻一刻と近づきつつある今日このごろ、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

昨日久しぶりに中目黒近辺を通った際、ふと、「子どもたちのクリスマスプレゼントはいろいろと手配済みだけど、嫁さんのはまだだから、たまにはBALS TOKYOでものぞいて何か物色してみようかな…」と思ったら、

ニトリになってました。

中目黒のニトリの外観2

なんか、もう3ヶ月くらい前の話だったみたいで。そういえば、前に通ったときにも、「アレ? なんか、”BALS…”じゃなくて”NIT…”みたいな看板になってる気が…」と思ってはいたんですが。

 

せっかくだからのぞいてみました。

建物全体がニトリです。ほどほどに広めのフロアの1Fが雑貨、2Fが家具、全2フロアです。

中目黒のニトリ2階の家具売り場フロア

 

クリスマス用のデコレーションなんかもあって、ここらへんは、どことなく対・IKEAを意識しているような感じもします。

中目黒のニトリで売っていたクリスマスデコレーション

 

アカシアのウッドプレート、仕切り付き。こういう食器類は対・無印的な感じでしょうか。

中目黒のニトリで売っていた木製プレート仕切り付きアカシア2

 

2階にあったこの一人掛けソファ、大好物なもんで早速座ってみたんですけれど、座り心地は結構GOODでしたよ。お値段は税込み19,900円。

中目黒のニトリの2階で売っていた一人掛けソファ2

こういう丸くカーブした背もたれ、個人的にはかなり好きです。椅子やソファの座り心地って、背もたれの形状や座面の高さ/奥行きが自分の体型と好みにいかにフィットするかが、とても大きなポイントの1つなのではないかと思うんですよね。

座り心地がまずまずということであれば、あとは耐久性やメンテナンス性がどうなのかというあたりがクリアできれば、これ、選択肢の1つとして十分ありかなということで、せっかくなのでニトリのサイトでチェックしてみました。

残念ながら、ざっと見てみた限りでは、お手入れ方法やオプション品などにもカバーの話が出てこず…。やはりカバーは取り外したり交換したりはできないみたいです。カバーやクッションなどの、使用に伴って傷んだり摩耗したりする部分が交換して末永く使えるような作りになってればよかったんですけどね。同じような系統の一人掛けソファ、IKEAだと1万円前後からありますけれど、こちらもたいていカバーは交換できないんですよ。逆に無印だと、例えば1シーターのスリムアームチェアなら本体が3万円弱、カバーが別売りで1万円前後ですから、合計4万円くらい。ニトリやIKEAのものと比べると結構お高いんですけれど、カバーが交換できますから、ちゃんと長く使っていけるようになってるわけで。

こうやって考えてみると、2万円弱という価格はそう高くはないですけど、正直ちょっと微妙ですかね。3〜4年で擦り切れてきちゃったりして、ファブリックの張替えもできなくて、結局ぼろぼろになって何処かに引き取ってもらうことになって、みたいな感じになっちゃうと残念かなと。思いのほか座り心地が良かったもんで気になっちゃったんですけど、家具ですから、やはり「安心して長く使える」という点も重要なポイントだと思うんです。このあたり、いつか改善されていくと嬉しいですよね。

なんだか最後は完全に一人掛けソファの話になってしまいました…。

 

BALS TOKYOも好きでしたけど、こういうお店が近所にあるのも、それはそれでちょっと嬉しいかも。いろいろなお店ができて互いに切磋琢磨してくれるのは、ユーザにとってはいいことですしね。

( photos ©juutakudesign )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>