【多目的に使える遊びスペース】たたきの土間と囲炉裏付きの小上がりのワークスペース兼リビング



自宅にこういう和な空間があるのっていいですよね。

イングランド南西端コーンウォールに住む陶芸家の自宅の和風のたたきと小上がりと囲炉裏

たたきの土間に、囲炉裏つきの小上がり的なスペース。あるときはここでお茶をしたり、あるときはちょっとした作業場所として使ったり。囲炉裏で温めたホットワイン片手に、秋の夜長にここで静かに読書、なんてのも素敵です。

気がおけない友人たちを招いて、囲炉裏で暖をとりながらつまみを炙り、腰を据えて夜通し飲み明かしたり、なんてものもいいですね〜。

こうやって考えてみると、全然そんな感じじゃないですけれど、これってワークスペース兼リビング(兼書斎)的な場所ということなんですかね。

 

こちらのお宅、ぱっと見はどこかの地方の農村に建つ古民家か何かのように見えますけれど、実は日本のお宅ではなく、イングランド南西端コーンウォールに住む陶芸家、ミッシェルさんの自宅の一画なんです。

イングランド南西端コーンウォールに住む陶芸家の自宅の小上がりで陶器の器を

 

奥のエリアがメインの陶工房。

イングランド南西端コーンウォールに住む陶芸家の自宅の陶工房

 

ここで、出来上がった作品の確認をしたり、それを用いて友人とお茶をしたり。

イングランド南西端コーンウォールに住む陶芸家の自宅の和風の小上がりで、急須で茶を入れる

こういう器を用いてワインを飲んだりもするそうです。ワイングラスで飲むのとは違う香りや甘みが見つけられるんだそうで。

 

それにしても、こんな和風の小上がりがあるのが日本のお宅じゃないなんて、何だかとっても不思議な感じがします。

そもそも今の日本の住宅には土間がないことのほうが多いわけで、それは、炊事やいろいろな作業をするための「土間」という半屋外的なスペースが特に必要とされていないから、という事情から来ているわけですけれど、こういうお宅をみると、例え自宅にそういったスペースが必須でないご家庭でも、こういうスペースがあったら多目的に使えて面白そうだなと思いますよね。

僕自身、自分でいろいろなものを作ったりするのも好きですし、海で使う道具類、山で使う道具類なんかは、定期的にメンテナンスしたりする必要があるものが多かったりするんです。で、そういう各種の作業をする場合には、大抵はベランダか駐車場の後ろのスペースで作業をするんですけれど、こういうスペースがあったらもっといろいろ出来て楽しいだろうなと思います。さらに、防寒/防音系の配慮がしてあったりしたら最高でしょうね〜。もう、暇なときはずーっとそこに入り浸っちゃうかも…。

DIYが好きだったり、アウトドアとか、道具を使うスポーツや趣味をお持ちの方なんかで、「自宅にそういうことができる物置兼作業スペースが欲しいな」とお考えの方がいらっしゃいましたら、玄関脇に、「土間」&「たたき」、思い切って導入してみるというのはいかがでしょうか?

( via Tea jar )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>