カテゴリー別アーカイブ: 内装や雰囲気

【遊び心の詰まったコンパクトスペース】屋外リビング的バルコニーのある最上階のメゾネットハウス



自宅にこんな素敵な屋外リビング的スペースがあったらいいですよね〜。

最上階のメゾネットハウスのバルコニーに作り込まれた屋外リビングスペース

 

よく晴れた休日の午後から夕暮れあたりに、雰囲気抜群な燃料式のランタンとキャンドルをいくつか燈して、軽くシャンパンでも飲みながらのんびりリラックスタイムとか、想像しただけでも、これもうサイコーなんじゃないでしょうか。

最上階のメゾネットハウスのバルコニーに作り込まれた屋外リビングスペースの夕暮れ

 

こういうランタン、ガソリンタイプのもので少し出力大きめのものを選んでおけば、暖房としての役割も果たしてくれますしね。

最上階のメゾネットハウスのバルコニーに作り込まれた屋外リビングスペースの夕暮れ2

 

コールマンの定番、ワンマントルの286Aなんかどうでしょう。

コールマン ランタン ワンマントルランタン 286A

 

2マントルの290Aあたりもいいかも。

コールマン ランタン パワーハウスツーマントルランタン 290A

ちょっと話が脱線しました……。でも、こういうアウトドア系のグッズを自宅のテラスやベランダで使うの、結構アリだと思います。

 

こちら、スウェーデンの首都ストックホルムの南に位置するセーデルマルム島に建つマンションの最上階、メゾネット形式のお部屋の2階部分に作り込まれたバルコニーの屋外リビングでして、

最上階のメゾネットハウスのバルコニーに作り込まれた屋外リビングスペースのある家の窓り図下の階

最上階のメゾネットハウスのバルコニーに作り込まれた屋外リビングスペースのある家の窓り図 上階

 

上階のフロア中心付近にあるこのバルコニーは、リビングとベッドルームの両方からアクセス可能な作りになってるんです。

最上階のメゾネットハウスのバルコニーに作り込まれた屋外リビングスペースをサイドのベッドルーム側から

最上階のメゾネットハウスのバルコニーに作り込まれた屋外リビングスペースをリビング側から

こういう作り、いいですよね。2箇所からアクセスできることで使い勝手が良くなるのは当然のこととして、毎日何度も通過する箇所の動線上にあることで、自然と利用頻度も上がってスペースを有効活用できます。ベッドルームに隣接していることで、夜寝る前のちょっとした時間に軽く表に出てみたり、朝起きてちょっとボーっとしながらここで歯を磨いてみたりとか、少し時間がある日なら、コーヒーを飲みながら新聞に軽く目を通したり、みたいな過ごし方もできそうですしね。

 

北欧って、素敵な屋外リビング・ダイニング的なスペースのあるお宅が多い気がしません? なんというか、こういう独特の雰囲気のある空間を作り込むのが上手ですよね。これってやはり、一年を通じて日照時間が短く地域によっては白夜もある北欧という土地柄、そして、そこでいかに太陽の恵みを楽しむかという、北欧の人々の思い入れと努力があってのものなのかなと。

最上階のメゾネットハウスのバルコニーに作り込まれた屋外リビングスペースの外観

日本は北欧に比べると一年を通じて日照時間も比較的長く、四季があったりと、いろいろと恵まれている部分があるわけですが、だからこそ、こういう北欧の屋外リビング・ダイニング・スペースを参考にして良い部分を上手に取り込むことができれば、夏を中心としたメインのシーズンのみならず、晩秋、冬場、初春の、寒さ厳しい時期を含めたすべての季節を楽しめちゃう屋外スペースだって作れちゃうと思うんです。

これから家を建てたりリフォームしたりするご予定のある方で、「自宅に素敵な屋外スペースが欲しいな」とお考えの方がいらっしゃいましたら、こんな感じの北欧のお宅の屋外リビング、参考にしてイメージを膨らませてみてはいかがでしょうか。

( Photos#1-#3 ,#6-#10 via BO STHLM , #4-#5 via Amazon.co.jp )

【今更発見】中目黒BALS TOKYO跡地のニトリと一人掛けのソファ



早いもので気がつけばもう12月も半ば、1年の終わりが刻一刻と近づきつつある今日このごろ、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

昨日久しぶりに中目黒近辺を通った際、ふと、「子どもたちのクリスマスプレゼントはいろいろと手配済みだけど、嫁さんのはまだだから、たまにはBALS TOKYOでものぞいて何か物色してみようかな…」と思ったら、

ニトリになってました。

中目黒のニトリの外観2

なんか、もう3ヶ月くらい前の話だったみたいで。そういえば、前に通ったときにも、「アレ? なんか、”BALS…”じゃなくて”NIT…”みたいな看板になってる気が…」と思ってはいたんですが。

 

せっかくだからのぞいてみました。

建物全体がニトリです。ほどほどに広めのフロアの1Fが雑貨、2Fが家具、全2フロアです。

中目黒のニトリ2階の家具売り場フロア

 

クリスマス用のデコレーションなんかもあって、ここらへんは、どことなく対・IKEAを意識しているような感じもします。

中目黒のニトリで売っていたクリスマスデコレーション

 

アカシアのウッドプレート、仕切り付き。こういう食器類は対・無印的な感じでしょうか。

中目黒のニトリで売っていた木製プレート仕切り付きアカシア2

 

2階にあったこの一人掛けソファ、大好物なもんで早速座ってみたんですけれど、座り心地は結構GOODでしたよ。お値段は税込み19,900円。

中目黒のニトリの2階で売っていた一人掛けソファ2

こういう丸くカーブした背もたれ、個人的にはかなり好きです。椅子やソファの座り心地って、背もたれの形状や座面の高さ/奥行きが自分の体型と好みにいかにフィットするかが、とても大きなポイントの1つなのではないかと思うんですよね。

座り心地がまずまずということであれば、あとは耐久性やメンテナンス性がどうなのかというあたりがクリアできれば、これ、選択肢の1つとして十分ありかなということで、せっかくなのでニトリのサイトでチェックしてみました。

残念ながら、ざっと見てみた限りでは、お手入れ方法やオプション品などにもカバーの話が出てこず…。やはりカバーは取り外したり交換したりはできないみたいです。カバーやクッションなどの、使用に伴って傷んだり摩耗したりする部分が交換して末永く使えるような作りになってればよかったんですけどね。同じような系統の一人掛けソファ、IKEAだと1万円前後からありますけれど、こちらもたいていカバーは交換できないんですよ。逆に無印だと、例えば1シーターのスリムアームチェアなら本体が3万円弱、カバーが別売りで1万円前後ですから、合計4万円くらい。ニトリやIKEAのものと比べると結構お高いんですけれど、カバーが交換できますから、ちゃんと長く使っていけるようになってるわけで。

こうやって考えてみると、2万円弱という価格はそう高くはないですけど、正直ちょっと微妙ですかね。3〜4年で擦り切れてきちゃったりして、ファブリックの張替えもできなくて、結局ぼろぼろになって何処かに引き取ってもらうことになって、みたいな感じになっちゃうと残念かなと。思いのほか座り心地が良かったもんで気になっちゃったんですけど、家具ですから、やはり「安心して長く使える」という点も重要なポイントだと思うんです。このあたり、いつか改善されていくと嬉しいですよね。

なんだか最後は完全に一人掛けソファの話になってしまいました…。

 

BALS TOKYOも好きでしたけど、こういうお店が近所にあるのも、それはそれでちょっと嬉しいかも。いろいろなお店ができて互いに切磋琢磨してくれるのは、ユーザにとってはいいことですしね。

( photos ©juutakudesign )