【離れの子供部屋(またはワークスペース)】わずか10平方mの全部入りワンルームハウス



スペースに余裕があるならば、こういうのを子供部屋やワークスペース/書斎として割り当ててみるというのも良さそうです。

10平方mの木製ワンルームハウス

こちら、スウェーデンの建築事務所Tengbom Architectsが、ルンド大学の学生寮用としてデザインしたワンルームハウスなんですが、接地面積わずか10平方mという超コンパクトな作りの中に、必要にして充分な機能がしっかりと詰め込まれちゃってます。

 

玄関を入ってすぐのエリアはダイニング・キッチン。

10平方mのワンルームハウスの入り口周辺のダイニング・キッチン

ちょっと変わった形のテーブルですが、そこそこの広さがありますので、ちょっとした作業スペースとしても問題なく使えそうな感じ。

流しもありますので、お茶を入れたり、水を使う作業なんかも出来ます。

10平方mのワンルームハウスのキッチン

 

奥側にも小さなテーブルがもう1つ。

10平方mのワンルームハウスのロフトへ上がる収納階段

 

そして、収納にもなっている階段を登っていきますと、その上がロフトのベッドエリア。

10平方mのワンルームハウスのロフトのベッドエリア

ロフトの下に吊られたハンモックも良いですね〜。

 

ロフトの上から見下ろした室内。

10平方mのワンルームハウスのロフトからダイニング・キッチンを見下ろす

 

まあ、こうやって見ていくと、仮にこれを「離れの子供部屋」として使うとしたら、流石にそれはちょっと贅沢かなという感じもしますが(一人暮らしで生活するように設計されてるわけですから、当たり前といえば当たり前ですけれど)、自宅メインでお仕事をされている方用のスモールオフィスとして使うのにちょうど良い感じだったりするかなと。

 

こういうの、例えば庭の片隅に職場用として新しく建てたとしたら、建築費とかも含めて丸ごと減価償却で経費にできるんでしょうかね?

うちに庭があったらホントに建ててみたいところですが、残念ながらうちには庭は無いので無理ですね…。

( via TENGBOM )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>