カテゴリー別アーカイブ: 良いなと思った家や内装、家具など

ベッドルームのイメージ




ベッドルーム

©Warren Noronha

ベッドルーム:寝室というのは、実は一日の3分の1〜4分の1位を過ごす、家の中でも非常に大事な場所です。
が、何でだか、僕は自分の家を建てるときに、このベッドルーム、というものについて、あまり具体的なイメージを持っていませんでした。
実際に今現在暮らしているベッドルームには、
・「超寝心地の良いベッド(セミダブル×2=クイーンサイズ。100万円位した。現在は妻と子供2名が寝ており、自分は床で布団・・・)」
・「とっても明るくて開放的な天窓(妻が明るいと寝られない為、常にカーテンが閉じられている・・・。)」
・「37型液晶テレビ×ソファのセット(第二のリビング!)」
という、素晴らしい環境が整っています。
なので、現在の寝室には、(自分の虐げられた立場はともかくとして)とても満足しているのですが、家を建てる前に、もう少し具体的にベッドルームのイメージを描く事ができていたら、もっともっと良いベッドルームが作れたのではないか、という気持ちもあります。
例えば天窓ですが、
ウチの天窓はこんな感じなんですが、
思い切って
この位沢山天窓を作っていたら、さぞや開放感があっただろうな、とか。(まあ、どっちみちカーテンで覆われていたとは思いますが・・・。)
こちらはMAZZALIARMADI.ITで紹介されていた、天窓のあるベッドルームです。
©MAZZALIARMADI.IT

この開放感、どうでしょう?ベッドの上で夜空を眺めながらのんびりできるなんて、最高だと思います。
こんな感じに山林が一望できるベッドルーム、というのも素晴らしいです。
©Juan ValldeRuten
都会に住んでいる方の場合、自宅の窓からこんな素晴らしい風景を求めるのは難しいかも知れませんが、森は無くても、「別の素晴らしい何か」が、自宅建設予定地の近くにある、ということはあり得るでしょう。(例えば、ある角度からは、近くの公園の大きな木が見える、という様なことがあれば、その方向に窓を持ってくれば、紅葉の季節などに自宅の窓から外の風景を楽しむ事は十分に可能だと思います。)
都心部であれば、こういう風景、というのもまた良いと思います。(土地代が一体いくらになるのかが恐ろしい気もしますが・・・。)
©MAZZALIARMADI.IT
個人的には、こういった無機質な感じ、シックな感じも結構好きです。
©MAZZALIARMADI.IT

もしも子供が居なかったら、特にベッドルームを部屋として区切る事無く、リビング、ダイニングなどの他のスペースと同一の空間にしてしまう、というのも面白かったかもしれません。生活動線などを考慮すれば、同一空間内でも、「隔てられた空間」を造り出す事は十分に可能だと思います。
子供達がもう少し大きくなって、家をリフォームしなければ行けないときが来たら、ウチのベッドルームにも、何か素敵なものを盛り込んでみたいと思います。

柱の有無 – キャンチレバー構造の開放感




柱の無いベランダ

とても素晴らしいベランダの写真を発見したので、ちょっと紹介しておきたいと思います。
ベランダの奥行きは2.5m程度でしょうか。それほど広い訳ではありませんが、椅子を出してちょっとお茶を飲んだり、深夜に静かにお酒を飲んだりするのには十分な広さです。
高台から遠くの街並や山々を眺められるそのロケーションも素晴らしいと思いますが、このベランダに開放感を与えている一つの重要な要素は、「柱の有無」なのでは無いかと思います。
もしもこのベランダの角に柱があったとしたら、この開放感は半分以上失われてしまうのではないでしょうか?
この開放感は、柱の無い、「オーバーハング構造=キャンチレバー構造(片持ち梁、等ともいいます)」によるところが大きいのではないかと思い、一例として紹介してみたいと思ってこの記事を書いてみました。
どうでしょう。仮にこの両脇に柱があったとしたら、視界から受ける印象は随分かわるのでは無いでしょうか。
これは外観図ですが、キャンチレバーにすることによって、1階から外を見たときの風景、1階から庭に出たときの印象は大きく変わっていることだろうと思います。
余談ですが、僕の自宅も、2階のベランダをキャンチレバーにしています。ベランダの下がちょうど駐車場なのですが、キャンチレバーにすることによって柱が無くなり、お陰で車の出し入れはかなり楽です。(こういった目的で、駐車場の上をキャンチレバー構造にすることも多い様です。)
こういった部分の柱は、木造等の場合、建物の構造上どうしても必要となるケースも多いですが、周辺部分に鋼材を入れる事で実現可能なことも多いです(特にベランダ、バルコニ等の、加重があまりかからないところであれば十分に実現可能だと思います)。
ベランダに開放感が欲しいな、と思ったら、建築家や工務店の担当者に相談をしてみるのも一つの手だと思います。