タグ別アーカイブ: スキップフロア

【ちょっと上がった小空間】和を感じるゴロリの間



このベッドエリア、どことなく和を感じさせられる雰囲気がありますね。

スキップフロアの一種なんでしょうが、「フロア」というよりは「エリア」くらい呼び名の方がピンとくるコンパクトな空間です。
和風というのともちょっと違う気はするんですが、床の間とか上り框とか、そういったイメージに近い感じでしょうか。
こんな感じに段差を上がった上のエリアになってます。
洋風の中に和風の空間を取り込もうとしたりすると、結構こんな雰囲気になったりしますよね。
あまり良い例えじゃ無いかも知れませんけれど、リゾートのコンドミニアムとかで、リビングエリアの中にふと畳を入れてみたりすると、こんな感じになったりします。
と思って詳細を見ていたトコロ、コチラのお宅、ギリシアの建築家さんが和室に影響されて作ったオタクなんだそうで。
よく見ると、漢字が書かれた色紙みたいなのも飾られてますね。
遠目なので見間違えてるのかも知れませんけれど、上下が…。
それにしても、この「ちょっと上がる段差」、中々良いアイディアなのでは無いかなと。
完全な和室ならばともかく、普通の洋風建築の場合、「床に寝られるようにする」というのは意外とハードルが高かったりします。
カーペットを敷いたりすれば多少は抵抗感も和らぎますけれど、それでも結局床は床ですし、洒落たインテリアになって行けば行くほど抵抗感は強まっていくのかなと。
とは言え、実際にそこで暮らしていれば、ときにはリビングの傍らでゴロリと脱力したいときも当然有るわけですが、そういったニーズを満たしてくれるのは前出のカーペットか、あとはソファとかせいぜいデイベッドくらいなものなわけです。
でも、ソファとかデイベッドに横になるのって、結局のトコロは「何かの代替え」でしか無くて、本当の意味でリラックスして体を横たわらせられるスペースというのとはちょっと違うのかなと。
そこで、この「上り框(じゃホントは無いんですが)風デイベッドエリア」ですよ。
わずか2段の段差を上ると、そこにはこんな感じの別世界が広がっているわけです。
フロアレベルにしてわずか40cm程度の差といったトコロでしょうか。
でも、明らかに下のフロアとは別の空間が出来上がっています。
カーペットを敷いてデイベッドエリアにするも良し、普通の布団を敷いて寝室にしてしまうも良し。
こたつなんか置いてみても良いかも知れませんね〜。
窓際に高さ40cmくらいのカウンターを据え付けて、ちょっとした書斎/執務エリアを作ってみるというのも面白いかも知れません。
やっぱ、和風なんですかね…。
( via decoist )

【得難い選択肢】超都心の絶景テラス付き狭小住宅



極端に狭い住宅って正直言ってちょっと住みづらそうな印象を受けるんですが、このお宅は中々良さそうです。

コチラ、ニューヨーク マンハッタンのWest 73rd Streetという一等地エリアの中に建つお宅でして、一見すると一軒家のようにも見えますが、アパートのリノベーション物件です。
建坪425スクエアftということですので、メートルと坪に換算すると大体6m×6m≒11坪程度といったところでしょうか。
日本の住宅事情と比較して考えても非常にコンパクトな狭小住宅という感じだと思いますが、3層のスキップフロアを重ねたようなレイアウトで、空間としては中々面白い感じに仕上がっているのでは無いかと。
一番下の層が玄関のあるフロアで、玄関から入ると先ずコンパクトなダイニング・キッチン。
3段ほどの段差を登った上が、リビングです。
そして、リビングエリアから階段を登って上階に上がると寝室。
寝室から更に上に上がることができる階段がありまして、この階段の下は収納になっています。
ま、延床面積的にはせいぜい建坪1.5倍強、20坪40畳弱程度といったトコロだと思うんですが、天井の高い空間をスキップフロアで分けることで各空間同士が程よい距離感で接続されて、コンパクトで落ち着く雰囲気と開放感が同居する、とても面白い空間に仕上がっているのかなと。
しかも、この階段を登っていくとどこにイケるのかというと、こんな景色が見えるテラスに出られてしまうわけです。
マンハッタンのど真ん中、セントラルパークのすぐ脇の景色が自宅の寝室の上から眺められてしまうわけで、コレは本当に素晴らしいことだと思いますね〜。
確かに全部で40畳程度しか無い空間では、子供がいる夫婦が生活するにはちょっと狭過ぎるかなとは思いますし、地価/家賃もメチャメチャ高いとは思うんですが、こういったお宅を目の当たりにすると、広さを犠牲にしても、その代わりに景色であったり便利さであったりという他では絶対に得がたいモノを得るというのもアリなのかな、と考えさせられます。
ま、郊外に出れば、同じコストでこの倍〜3倍くらいの広さの家を建てて住むことができるんだろうとは思うんですけれど、それは結局のところ「何を得たいと考えるか」という価値観の問題であって、どちらもいくつもある選択肢の一つなのかなと。
そして、こういったお宅の方を選択できるシチュエーションというのは非常に限られた条件下でしか無い気がしますので、もしも自分自身がコチラを選択できる状況にあるのならば、迷わず選択しておいた方が良いような気がします。
何せ、人生は一度しか無いですから…。
( via ADWEEK.COM )