タグ別アーカイブ: スキップフロア

コンパクトなリビングに隣接するスキップフロアのテラス



コチラのテラス、かなり良い感じの屋外リビング的な空間に仕上がってるのでは無いかと。
3m×3m弱、せいぜい5畳、もしかすると4畳くらいのかなりコンパクトな空間という感じですが、独特の居心地の良さのようなものが感じ取れますよね。
隣接するリビング側もそれほど広い空間では無いので、「すぐそこがテラス」みたいな感じなんですが、それだけじゃ無い面白さがある気がします。
普通、リビングとテラスがそれぞれこれだけコンパクトで、しかもこれだけピッタリと隣接していたら、自ずと「ほぼ同一の空間」的になっていってしまうと思うんですが、このリビングとテラスは、それぞれの空間がしっかりと独立していて、それでいて程良い距離感で接続されているという絶妙な関係を作れているように思えます。
やはりポイントは「スキップフロア」なのかなと。
スキップフロアといってもテラス側がわずかに20cmくらい高くなっているだけなんですが、このレベルの違いが2つの空間をしっかりと分けてくれていて、しかし物理的な距離はものすごく近くてというこの組み合わせが、思った以上にそれぞれの空間に対して拡がりを与えてくれています。
家を建てるときに、家の中にちょっとした「遊び」の空間を作り込んでみたいという場合には、スキップフロアで床のレベルを動かしてみるというのも、空間に変化を与えられて色々と面白そうです。
こんな感じにするんだったら、広さも必要ないどころか、コンパクトな空間の方が、より面白い感じになってくれるかも知れませんね。
( via ARCHI SCENE )

【ちょっと上がった小空間】和を感じるゴロリの間



このベッドエリア、どことなく和を感じさせられる雰囲気がありますね。

スキップフロアの一種なんでしょうが、「フロア」というよりは「エリア」くらい呼び名の方がピンとくるコンパクトな空間です。
和風というのともちょっと違う気はするんですが、床の間とか上り框とか、そういったイメージに近い感じでしょうか。
こんな感じに段差を上がった上のエリアになってます。
洋風の中に和風の空間を取り込もうとしたりすると、結構こんな雰囲気になったりしますよね。
あまり良い例えじゃ無いかも知れませんけれど、リゾートのコンドミニアムとかで、リビングエリアの中にふと畳を入れてみたりすると、こんな感じになったりします。
と思って詳細を見ていたトコロ、コチラのお宅、ギリシアの建築家さんが和室に影響されて作ったオタクなんだそうで。
よく見ると、漢字が書かれた色紙みたいなのも飾られてますね。
遠目なので見間違えてるのかも知れませんけれど、上下が…。
それにしても、この「ちょっと上がる段差」、中々良いアイディアなのでは無いかなと。
完全な和室ならばともかく、普通の洋風建築の場合、「床に寝られるようにする」というのは意外とハードルが高かったりします。
カーペットを敷いたりすれば多少は抵抗感も和らぎますけれど、それでも結局床は床ですし、洒落たインテリアになって行けば行くほど抵抗感は強まっていくのかなと。
とは言え、実際にそこで暮らしていれば、ときにはリビングの傍らでゴロリと脱力したいときも当然有るわけですが、そういったニーズを満たしてくれるのは前出のカーペットか、あとはソファとかせいぜいデイベッドくらいなものなわけです。
でも、ソファとかデイベッドに横になるのって、結局のトコロは「何かの代替え」でしか無くて、本当の意味でリラックスして体を横たわらせられるスペースというのとはちょっと違うのかなと。
そこで、この「上り框(じゃホントは無いんですが)風デイベッドエリア」ですよ。
わずか2段の段差を上ると、そこにはこんな感じの別世界が広がっているわけです。
フロアレベルにしてわずか40cm程度の差といったトコロでしょうか。
でも、明らかに下のフロアとは別の空間が出来上がっています。
カーペットを敷いてデイベッドエリアにするも良し、普通の布団を敷いて寝室にしてしまうも良し。
こたつなんか置いてみても良いかも知れませんね〜。
窓際に高さ40cmくらいのカウンターを据え付けて、ちょっとした書斎/執務エリアを作ってみるというのも面白いかも知れません。
やっぱ、和風なんですかね…。
( via decoist )