タグ別アーカイブ: ソファ

【大人用寛ぎ空間】リビングの片隅の一人掛けソファ



せっかく家を買ったり建てたりするんだったら、せめてリビングの片隅くらいには、こんな感じの「大人用寛ぎのスペース」が欲しいですよね。

やっぱ一人掛けのソファって良いですよね〜。
こんな感じのスペースで、コーヒーとか飲みながら静かに寛ぎのひとときを過ごすような生活を送ってみたいものです〜。
コレは今まで何度も何度も話題にしてきた話なんですが、家の中のスペースって、「どうしよっかな」とか迷っていると、あっという間に他の「思わぬモノ」に専有されてっちゃうものなんです。
斯く言う僕も、家を建てている最中に三宿のGLOBEで発見したアンティークの一人掛けソファを「買おうかな、どうしよっかな」と思っていたら一足先に買われてしまい、それ以上に気に入ったソファを探しているうちにそのソファを置く予定だったスペースは消えて無くなり、以来6年弱、迷い子のように、良い感じの一人掛けソファの画像をWeb上でキュレーションし続ける日々を送っております…。
コレがその幻のソファです。このソファ、ホントに座り心地絶妙だったんですよね…。
この話って、「一番大切なものを最初に壺に入れなさい。さもないとそれは壺に入らなくなり、君たちはそれを永遠に失うことになる」というお話にもちょっと似ている気がします。
こういう素晴らしいスペースこそ、後からでは確保しようの無い貴重なモロモロのモノの上に成り立っているわけです。
だからソコの旦那様/奥様。
家を建てたら、まず真っ先に「自分自身にとっての最高の場所」を遠慮無く確保するコトをお勧めします。
子供たちや他の家族のメンバーも、同様にまずは「自分にとっての最高の場所」を1つ作るコトを考えれば良いと思います。
それから皆で他のスペースのことを順番に考えていったって十分なはずです。
だって、「自分にとって最高の場所」は既に確保されてるわけですから。
幸せになりたかったら、ナニゴトもまずは優先順位を明確にすることが大事ってことなのかなと。
( via RARERINA )

【寛ぐための設備】ソファのあるコンパクトなテラス



このテラス、コンパクトながらも結構良い感じの雰囲気だなと思ったのでちょっとご紹介を。

ゆったり目のラタンのソファとローテーブル、コーナーにはシンプルな椅子2脚とテーブルが置いてあって、家族でちょっと寛いだり親しい友人家族とのホームパーティをやるくらいだったら十分な感じです。
隣接するダイニングエリアから、ガラスドアをサッと開けてすぐに出入りできるこの位置関係も良いですよね。
これがメインの生活エリアからのアクセスが億劫になってしまうような位置関係だと、どんなに雰囲気が良くてもだんだんと足が遠のいていきますし、それって結局のところは「居心地が良くない」ということと似た意味なのでは無いかと。
幅奥行きともに3m程度といったところでしょうか。
ここ、もしも家具が何も置いてなかったらどんな感じだか、ちょっと想像してみていただけるでしょうか。
めちゃめちゃ狭いというわけでは無いかも知れませんが、本当に何の変哲もないごく普通のテラスですよね。
ソファや椅子が置いてあるから居心地の良さげな屋外リビングみたいになってますけれど、実はそれだけなんだと思います。
僕の友人で、そこそこ広めのテラスがあるマンションに家族で住んでるヤツがいまして、彼はそこに住み始めて三年くらい、ほとんどテラスに出ない生活を送ってたらしいんです。
でも、あるとき思い立ってIKEAで屋外家具をいくつか調達してきて、それからというもの、週末のたびにテラスで何かをして過ごすようになったと言っていました。
結局のところ、テラスやベランダに出て地ベタに直接座り込むわけにはいかないわけで、その空間で長時間を過ごすような使い方がしたい場合、何かしらの「座るための設備」「寛ぐための設備」が必要なわけです。
逆に言えば、そこさえしっかり抑えてしまえば、屋内と変わらない感覚で利用できる開放感あふれる屋外スペースがいきなり完成してしまうと言っても過言で無いのかなと。
日本の夏は暑いですから、日当たりが良い場合には、タープやオーニングで適宜日照をコントロール出来るようにしておくのをくれぐれもお忘れなく。
( via delikatissen )