タグ別アーカイブ: ソファ

【程よく緩い包まれ感】リビングの片隅の読書エリア



ここのトコロ、書斎やワークエリア関係の話題を比較的頻繁に取り上げてきたような気がしますが、その系統のもっともシンプルな形といえばこんな感じなのかなと。

どうでしょう?
コレはある種の究極系と言えるのでは無いかと。
机、ありませんから。
というか、書斎どころかワークエリアですら無く、敢えて言うならば”Reading Nook”というヤツなんでしょうが、それにしてもシンプル過ぎます。
そしてコレ、中々良いような気がします。
先ず何よりも、省スペースですから。
というか、リビングの片隅にソファを置いただけという噂もありますけど…。
でも、それだけじゃ無いですよね。
棚の一部がちょうどソファ1つ分くらいポッカリと空けられてます。
これ、意外と包まれ感があって落ち着きそうな気がするんですけど。
しかも、皆と一緒にリビングにいつつも、「ココに座ってるときは俺の時間ね」みたいな感じで、家人と微妙な距離感を保てそうな気がします。
棚に取り付けられたライトがまた良い仕事してます。
実用的であり、且つ、空間を特別な場所として色付けするのにも一役買っていると思います。
色々応用も効きそうですよね。
棚をこんな感じのシンプルな棚にしておいても良いですし、もう少し存在感と奥行きのあるしっかりとした棚板を入れて、立派めの作り付けの本棚にしても良さそうです。
で、そこに浅く収まりつつ、コーヒーでも飲みながらゆっくりと読書をするというのはどうでしょう?
このくらいのスペースなら、リフォームどころがちょっとしたレイアウト変更のついでに作れちゃいそうですよね。
今度の模様替えで、こんな感じの「心地良いスキマ空間」を作ってみてはいかがでしょう?
( via freshhome )

【レイアウトマジック】包まれ感と開放感のあるリビング



このリビング、ちょっと良くないですか?

相当コンパクトですよね。
見た感じ、6畳ちょいというくらいでしょうか。
8畳は絶対無さそうです。
で、このシンプルな雰囲気もなかなか良いなと思うんですが、何よりも良いなと思ったのが、ソファの配置ですね。
このソファ、外を向いてますけれど、この向きにソファを向けたことでこのリビングは相当良い感じになっているのでは無いかと。
仮にこのソファを、この写真を撮影しているカメラの方向に向けて配置したら、何だかよく分からない「中途半端な窪みエリア」みたいになっちゃいますよね。
で、じゃ逆に、ソファをこのエリアの手前側に向こう向きで設置したらどうなるかと言いますと、「妙に圧迫感のある小部屋」みたいになっちゃうわけじゃ無いですか。
この写真と同じ向きでも、手前側にある暖炉の炎が見えるように少し手前にずらしちゃったりしたら、ソファに座ったときの視界や雰囲気も全然変わっちゃうと思いますし。
絶妙な包まれ感があって、だけど視界が抜けて圧迫感が全く無く、居心地の良さそうなこのコンパクトなリビングは、この配置にソファを置いたからこそ出来たのかなと。
そうやって考えると、この配置がものすごく自然な配置のように思えますけれど、でも、何もない状態で、いきなりココにこの向きでソファを置いて、ココをリビングにしちゃうという発想はなかなか出てこないと思うんですよね。
だって、このソファ、座ったら外しか見えないですから。
普通は室内の何処かに向けて置いちゃうと思うんですよ。
または、そもそもこのスペースにソファを置くのは諦めて、別のスペースにしちゃうとかね。
そういう意味で、このソファの配置は素晴らしいと思いますし、このリビングはなかなか面白いなと。