タグ別アーカイブ: ソファ

【シックなベースと遊び心】グレーと白のミニマルなリビング



「ミニマル」とかいっちゃいましたが、良いのかな。

そりゃ、世の中にはもっともっとシンプルでコンパクトなリビングもあると思うんですけれど、敢えて「ミニマル≒最小限」というコトをよくよく考えてみた場合、このくらいのリビングこそが「ミニマル」なのかな、と。
やはり、ソファは最低でも3人くらいがゆったりと座れるサイズであって欲しいですよね。
ソファにそのくらいの余裕があると、家族3〜4人でリビングで一緒に過ごしていても十分に寛げますし、仮に同性の友人と並んで座っても気持ち悪くなったりもしません。
珍しく家族が皆出払っていて自分一人の時間が過ごせるときには、ソファにゴロリと横になったりもできますし。
メインのソファがそのくらい余裕があるサイズで、尚且つ、それとは別に座り心地の良い一人掛けのチェアかソファが一つあると良いですね。
家族皆で一緒の空間に居ても、一人だけちょっと違うことをして過ごしたいときもあるわけじゃ無いですか。
そういうとき、こういう一人掛けの椅子がL字の場所においてあると、「近からず遠からず」「一緒のようで別」「でも一緒」みたいな微妙な距離感で過ごすことができて良いです。
お客さんが来たときとかにも、相手と横に並ぶでも無く、向かい合うでもなく、90度の角度で相対したいときも結構多いと思います。
そういう意味では、この一人掛けのチェアはかなりポイントが高いかな、と。
大人2人+子供2人くらいの家族構成だったら、実際にはこのチェアが無くても全然問題無いんですけれど、でも、このチェアが一つ置かれているだけで、このリビングの有効活用レンジがグッと2.5倍くらいに拡がってくれていると思うんですよね。
というようなことを色々と考えてみると、複数人で暮らす家のリビングには「最低限」このくらいのスペースが必要なのかな、という、最初の話に戻るわけです。
幅4m×奥行き5m≒12畳といったところでしょうか。
決して広くは無いですけれど決して狭くも無い、ごくごく標準的なサイズのリビングですが、良い感じなのでは無いかと。
ちなみに、壁と床、ソファとチェアを、白とグレーでまとめ切っているところもなかなか良い感じかなと。
ベースをこのくらい頑張って上品で落ち着いた感じに仕上げてあると、アドオンで何を持ってきても上手く行く感じがします。
クッションにサーモンピンクみたいな色を入れてみるだけでも相当面白い感じになりますし、チェアのフレームの綺麗な明るいブラウンや、木製パレットを流用した独特な素材感のあるローテーブルなど、それぞれとも絶妙なコントラストを保ってくれていますよね。
次に自宅のリビングの壁を塗り替えるときは、このグレーの雰囲気を真似してみようかな。
( via the guardian )

テラスのリビング化計画 – 春夏秋のソファと冬のこたつ



最近季節が良くなってきたので、テラスにソファを出してみたりなんかしてます。
実は、「ふと思いついてやってみた」、というわけではなく、お客さんが来るときにちょっとスペースが足りなかったのでテラスにソファを出してみただけなんですが、コレが思いの外良かったです。
ソファといえば一人掛けのソファが大好物な僕ですが、テラスに置くなら、横にもなれるような二人掛け、三人掛けのソファが良いですね。
一人掛けのソファだと、どうしてもお茶とか読書とかの「座って何かをする」という方に行きがちですが、サイズが大きなソファはどちらかというと「何もせずにダラダラする」という方に引っ張っていってくれる様な気がして(単なる僕の主観ですが)、テラスという場所に合っている気がします。
ちなみにこのソファ、別に全然高いソファとかではありません。
とある事情によりウチやってきてその後大活躍しております、ニッセンの数万円台のかなり前半のものでございます…。
ちょっと低めで、柔らかめで、安くって力が抜けた感じのソファ、中々良いです。
最高にリラックスして寛げます。
今まで、テラスにはIKEAで買った屋外家具のベンチを置いて結構悦に入っていたんですが、やはり、こういう低いソファを置くと全然違った雰囲気になって良いです(ベンチも引き続き置いてありますけど)。
ベンチを置くと屋外ダイニング風なわけで、それはそれで良かったんですけれど、ソファを置くと屋外リビングになってくれるわけです。
でも、このソファ、残念ながら防水じゃないんです。
なので、次に雨が降るまでのホンの短いお楽しみで片付けなければいけません。
でも、今回ソファをテラスに出してみて、ホントに良い感じだったので、いつかは屋外用のソファを探してみたいと思います。
今のこのソファの下にすのこを引いて、タープとかで雨よけをする、というやり方もあるかもしれないんですが、大雨とかだと結局濡れてしまうだろうし、やはり現実的では無いかなと。
ワイヤー製のボディに必要なときだけクッションを乗せて使うようなタイプの屋外用ソファで良いのがあるといいんですけれど、そういったタイプだと、この低さ、このグニャグニャ感のあるものが中々無いかもしれないです。
と思ってネット上を漁っていたら、ちょっと良さ気な奴を発見したのでご紹介しておきます。
いずれもイタリアのPIERATONIO BONACINAというところのもので、製品名まではちょっと良くわからなかったんですが、結構面白そうなソファが沢山ありましたので興味がある方は覗いてみてください。
ちょっとデイベッド風な感じが良いですね。
ここまで大きいと、置くスペースが無いですけど…。
この位コンパクトなら置けると思います。
こういったタイプのソファは、outdoor-modular-seating-sofaと言うらしいです。
屋外向けの組み立て式ソファという様な意味なんでしょうか。
でも、何にせよお高いんでしょうねぇ…。
春と秋は休日の昼間に楽しんで、夏は昼間は暑いですから夜ですかね。
冬はちょっと諦めるしかないでしょうか…。
カフェとかにある様な、テラス用のストーブとかを置いてみる、という手もあるかもしれませんが、ちょっと大掛かりだし、自宅にそんなものまで設置するのは正直言って面倒くさいです。
いっそコタツでも置いてみたら面白いかもしれません。
冬はあまり雨も降らないですし、これは結構現実味がありそうな気がします。
冬に外で熱燗とか、かなり贅沢なのでは無いかと。
そうするとソファは必要無くなっちゃいますけど…。
この季節、まだ夜は少し肌寒いですけど、これからもっと暖かくなって夏になったら、夜も楽しんでみたいと思います。
虫の声を聴きながら、低いソファに身をまかせて飲むお酒、最高だと思います。
都会の夜空も良いもんです。
思ったよりも結構星が見えるんですよね。
Photo #4-6©colorhome , others©juutakudesign