タグ別アーカイブ: ワークデスク

【頭上から可愛らしく照らす】コーナーの木製アコーディオン壁付けランプ



家を建てる際に、気持ちとお金にほんのちょっと余裕があったら、こんな感じのウォールランプを取り付けられる場所がないかを探してみるというのも宜しいのではないかと。

階段脇の壁に取り付けられた木製アームの壁付けシザーランプ1

この木製のアコーディオンアームの壁付けランプ(こういうアコーディオンアームのランプって、シザーランプとかともいうんですかね)、可愛らしくって独特の雰囲気があって、とっても良い感じじゃないですか?

アングルポイズ的なアームランプを壁に取り付けるというパターンは、以前にも、このポストとか、このポストとかで何度かご紹介したことがあるんですけれど、可愛らしさでは今回のこのランプがダントツかなと。

 

キャビネットをデスクと椅子に置き換えれば、階段脇に素敵なコンパクトワークスペースが出現。

階段脇のデスクの上の壁に取り付けられた木製アームの壁付けシザーランプ

テーブルランプのようにデスクの上のスペースを専有しないというのも良いですね。コンパクトなデスクなんかだと、実用面でのメリットも結構大きいかも。

 

縮めておいてもそれなりのスペースは取りますので、廊下や、頻繁に人が通るような通路的な場所に取り付けるのはちょっと難しいかもしれませんけれど、そういった場所を避けることを念頭に探せば、取付可能な場所は結構色々と見つかりそうな気がします。

リビング・ダイニングや書斎のコーナー近辺なんかは十分にアリな感じですよね。高めの場所に、アームが少し長めのタイプのものを入れるようにしておけば、将来的に家具や物を置くことになっても大丈夫そうですし。

うちの自宅も、あそこのコーナーにこんな感じの照明を取り付けて、その下に座り心地の良い一人掛けのソファでも置いて、おもむろにお父さん専用のリーディングヌックを作ってみちゃったりして…。

( via TIERLANTIJN )

庭に続くアトリエのワークデスク



こちら、展覧会開催中の某アトリエの写真なんですが、何だか雰囲気が良いな、と思ったのでご紹介させて頂きます。

幅2.5m×奥行き5mといったところでしょうか。
あまり広々とした空間で無いのは確かですが、例えばここが、狭小目の住宅のリビングだとしたら、広さなんて関係なく、お気に入りのスペースになってしまうのではないかと。
確かに広さは無いですけれど、奥のドアから庭にそのまま出られる、というレイアウトが、この空間のイメージ的な広さを何倍にも拡げている様な気がします。
天井も斜めですし、部屋の幅も狭くて、言ってみれば「多少圧迫感がある」様な空間だと思うんですが、その圧迫感によって、却って奥のドアとその向うにある庭に意識を向かわせてくれているような。
その結果、狭い空間なのに、室内にいても庭の開放感が伝わってくる空間になっている様な気がします(すんません、ホントは何もわかってません・・・)
庭に続くドアの横に置かれた小さなワークデスクもいいですね。
日当たりの良いこの窓際に置かれたワークデスクだったら、部屋の狭さ、机の小さなんかモノともせずに作業に没頭できてしまいそうです。
でも、すぐ庭に出たくなってしまうかもしれませんけど・・・。
Photo ©craiggirling