都会の屋上の庭 – ルーフガーデンと屋上緑化



せっかく家を買ったり建てたりするのであれば、小さくても良いので庭があるといいですよね。

ガーデニングや家庭菜園をやってみたり、屋外家具を置いてちょっとした屋外ダイニングスペースを作ってみたり、と、休日の楽しみの幅が拡がります。
でも、都市部だと、正直言ってそれほど土地の余裕がなかったりして、庭付き一戸建てというのは中々難しい、ということもあるでしょう。
そういった場合には、屋上を庭代わりにしてみる、というのはいかがでしょう。
こちらはドイツの某レストランバーの屋上なんですが、屋上にテーブルと椅子をおいただけの非常にシンプルな空間ながらも、中々良い感じなのではないかと。
屋上屋外ダイニング系で考えるならば、こういったパターンもあります。
こちらはギリシャ アテネにあるホテル、Hotel Grande Bretagneのルーフガーデンレストランなんですが、相当良い感じです。
バーコーナーはこんな感じ。
ま、ここまで行くとかなりやり過ぎな気もしますが(そして、普通のお宅の屋上からの眺望は、こんな感じでは無いとは思いますが)、こういった雰囲気の一部でも真似してみて、屋上に本格的なバーカウンターを作ってみてしまう、というのも一つの手かもしれません。
とりあえず、屋上からの眺めがそこそこ良いのであれば、こんな感じに屋外家具のテーブルとチェアセットを置いてみるだけでも十分だと思います。
こんな感じのカフェ風のテラスを屋上に作ってしまう、というのも中々素敵だと思います。
先程、「こういった眺望は難しいかも」と書きましたが、確かにホテルの屋上のような眺望を一般の住宅の屋上に求めるのは無理がありますが、都市部だと建築基準法で高さ制限などが掛かっているケースが殆んどだと思いますので、実際に屋上を作ってみると、(周囲の建物も皆同じ高さなので)思いのほか視界が開けていた、ということも珍しくは無いのでは無いかと思います。
…いつの間にか、「屋上を庭にする」という本題から脱線してしまいました…。すんません。
さて、屋上の庭化計画に戻りたいと思います。
イメージ的にはこんな感じでしょうか。
そんなに広くなくてもいいと思うんです。
屋上自体にそこそこのスペースさえあれば、あとはやり方次第なのかな、と。
上の写真の様に、屋上を緑化スペースにするケースで、一つだけしっかりと考えて置かなければいけないことがあります。
それは、「荷重」です。
鉢植えの類で緑化するのであればそれほど重くはならないと思うので(たくさん置けば当然重くなりますが)、そこまで気にしなくても大丈夫ですが、本格的に屋上を緑化して、芝生を敷いたり、木を植えこんだりしたいのであれば、「土の重さ」を考慮しないと大変なことになります。
土というのは結構重くて、芝などを植えるための15cm位の厚さでも、水を含んだ状態で1平方メートルあたり300kg位、木などを植えるために深さ50cmも土を入れれば、1平方メートルあたり1,000kgもの重さになるそうで…。
それを、家の一番上の天井の更に上に入れるということは、重心はめちゃめちゃ高くなって、躯体全体にかかるストレスも相当なものになるはずです。
しかも、そもそも一般的な住宅では、建築基準法上の1平方メートルあたりの耐荷重は180kgしかないので、そのままでは土を入れることはできないわけです。
RC造であれば、当然耐荷重はもっと高くなりますし、また、これから家を建てる、というケースであれば、工務店さんや建築家さんに、「屋上を庭代わりにしたいので、耐荷重を高く設計してほしい」という要望を伝えれば、それに応じた設計にしてもらえると思います。
残念ながら既に家をお持ちで、そして、残念ながら床の耐荷重が180kg程度しか無い、という方にも、対応方法はあります。
世の中には、屋上緑化に対応するための「軽量人工土壌」というものがありまして、こういったものを使用すれば、20cm位の深さで土を入れても、1平方メートルあたりの荷重が180kg程度に抑えられるそうです。
なので、芝生や植え込み程度であれば、屋上に作ることが可能になります。
ただし、軽量人工土壌を使っても、家のてっぺんに重量物が追加になることに変わりは無く、耐震性などに与える影響も小さくは無いと思いますので、土を入れるのは屋上フロアの何割かまでに抑えつつ鉢植えを併用したり、という手を考えるとともに、必ず工務店さんや建築家さんなどの専門家に相談することをオススメします。
Photo #1©tommy.de , #2-3©Hotel Grande Bretagne , #4©tonyhall , #5©Birger Hoppe

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>