タグ別アーカイブ: 天窓

ロフトのリビングルーム



このリビング、家の中のレイアウトとしてベストかどうかは別として、中々いい雰囲気だなと思ったのでちょっとご紹介させていただきます。

屋根裏の様なロフトの様な場所ですので、天窓があって、明るくて結構開放感に溢れてる感じです。
リビングとしてはまずまずな雰囲気ではないでしょうか。
ただ、ココが2.5階、3階という様な場所だとすると、「日々の生活の中でちょっと寛ぎたい場所」が上階の方にある、ということになりますので、色々と面倒くさいことになるかもしれませんね。
解決策としては、ダイニング、キッチン、寝室などのその他の施設も近い場所、近いフロアに入れてしまう、という方法ですかね。
例えば2階にダイニングキッチンとお風呂場を持って来て、2.5階にはリビングと寝室、というレイアウトにするとか。
で、2階と2.5階の間は6〜7段の階段で気軽に移動できる様なレイアウトにしておけば、家に帰って来たらすぐに2階に上がる、という生活習慣になる訳で、結構気にならないかもしれません。
そうすると1階が丸々空いてしまうので、1階はサブのベッドルームと大きなクローゼット類オンリーにして。
日本の場合、夏場はかなり暑くなりそうなので、夏の間は1階に引っ越す、という手も有りではないでしょうか。

天窓のあるロフトのリビング



天窓って、なんかちょっと特別な感じがして好きです。

家の中にいるのに、青空を漂う雲や、夜空に瞬く星を眺めることができるなんて、良いと思いません?
ちょっとした天窓が1つあるだけで、お家の中もかなり明るくなりますし。
こんな感じの天窓があるロフトのリビングというのも、中々素敵だと思います。
屋根裏の斜め天井の部分に天窓がある、というのは良く見かけるパターンですが、こういった普通の水平な屋根の一部が天窓になっている、というのは少し珍しいと思います。
でも、こっちの方がより「特別」な感じがして好きですね。
天窓を作れるいうことは、最上階か、ともかく、そこよりも上階には構造物がないフロアで無いといけない訳ですが、2階建ての2階にリビングを作るということであれば別に珍しくも何とも無いです。
コレからお家を建てる方、2階、3階のロフトにリビングを持って来て、そこにこんな感じの天窓を作ってみてはいかがでしょうか。
個人的好みとしては、天窓はできるだけ大きい方が、空がより広く眺められて良いと思います(夏場暑くなったりするかもしれませんので、そこら辺はしっかりとご検討ください)。