タグ別アーカイブ: 天窓

天窓のある独立したキッチン



最近、ダイニングとつながった空間に対面式のカウンターを配したタイプのキッチンをよく見る気がしますが、こういったクローズドな(というか、従来的な)、独立したスペースのキッチン、というのも魅力的だと思います。

こちらがキッチンのスペースです。
奥に天窓があることで、独立したクローズドなエリアながらも、開放感のある空間になっています。
こちらがダイニングエリアになります。
ダイニングとキッチンが一続きの空間になっていると、料理を出したり食器を片付けたり、という作業はし易くなります。
しかし一方で、キッチンという「作業スペース」がそのままダイニングとつながっていることで、「片付け前の調理器具や食器類がダイニングから視界に入ってくることが嫌」と感じる方がいるのも確かです。日本でも昔は台所は食卓とは別のスペースになっているのが普通でしたし。
また、ダイニングとキッチンを一つの空間として確保することが、建物の構造やレイアウト上の制約とぶつかってしまうこともあります。
そういった色々なことを考えてみると、キッチンはキッチン、ダイニングはダイニングとして、それぞれを別個の空間にしてしまう、という従来ながらのレイアウトも、相応のメリットがある訳です。
独立したキッチン、奥に天窓。このキッチン、中々良いキッチンだと思います。
Photo ©rogue-designs

天窓と丸窓と本棚のある屋根裏部屋



この屋根裏部屋、ちょっとやり過ぎな位に雰囲気が出ちゃってると思います。

「どうせ家を建てるなら、この位思い切ってしまった方が良い」というお手本の様な部屋です。
天窓を一つでなく思い切って二つ並べてしまっているも、ものすごい良いアクセントになっていると思いますし、中々見かける事が無い丸い窓もすごく良い感じです。
大きな本棚を沢山据え付けてるのも良いですね。
雑多な感じのある部屋ですけれども、とても落ち着いて寛げそうです。
窓が重要な要素になっているので、当然と言えば当然なんですが、こういう雰囲気って、家を建ててから内装だけでどうにかしようと思っても、中々出せないと思います。
海外の場合にはよくわかりませんが、日本の場合、建築の申請を出すタイミングで窓の大きさ、位置等を確定させなければいけません。
つまり、建てる段階よりももっと前、「どういう家を建てるかな」と考えている段階、設計の段階で、かなり具体的なイメージを持っていないと、こういった雰囲気は出せない、ということです。
家を建てる前にこういった写真を沢山見ておきたかったな、と思いますね。
Photo ©ooh_food