タグ別アーカイブ: 天窓

【包まれ感と開放感】勾配天井の下の小さなベッドルーム



狭いベッドルームって、独特の包まれ感のようなものがあって、意外と良い感じだと思うんです。

こちらのベッドルーム、ダブルベッドを1つ置いたら、他にはもう何もおけないくらいのコンパクトなスペースしかないんですけれど、何だかこの上なく落ち着いて眠れそうじゃないですか?

勾配天井と天窓の下のコンパクトなベッドルーム

 

頭上には大きな天窓。

勾配天井と天窓の下のコンパクトなベッドルーム2

明るくて開放的で、包まれ感と開放感の共存する独特の雰囲気がありますよね〜。

 

ゆったり広々してて、サイドテーブルとかコンパクトなソファとかも置いてあったりして、という充実したベッドルームも当然良いとは思うんですけれど、これはこれでなかなか宜しいのでは無いかと。

クローゼットとか必要最低限のモノを置いておくためのスペースは当然必要だと思うので、ホントのホントにこれだけのスペースで、というのは現実的にはちょっと無理があるのかもしれませんけれど、家を建てるときに、例えば柱とかレイアウトの関係で、変な形の空きスペースができてしまったりする場合なんかに、こういうのも選択肢の1つとして頭の中に入れてあると、思いの外、面白いスペースが作り込めたりすることもあるかなということで。

( via BLOOC )

【自宅でリゾート気分】木の生い茂る吹き抜けのリビング



こちらのお宅のこのリビング、素敵過ぎません?

屋内に木が植えてある家の吹き抜けのダイニング

こちら、27年前にチリの著名な建築家フェルナンド·カスティーヨ・ベラスコによって建てられたお宅なんですが、この家に、同じくチリの若手建築家カロライナ・カッツさんファミリーが移り住んだ際に、自分たちで色々と手を入れて、建物中央の吹き抜けのダイニングスペースに直接木を植え、こんな感じのリビングにリノベーションしてしまったんだそうで。

屋内に木が植えてある家の吹き抜けのダイニング1

植えてあるのは、いちじくが4本とアーモンドが1本。

 

リビングのテーブルの上には、焚き火台も用意されてたりして。

屋内に木が植えてある家の吹き抜けのダイニングとテーブルの上の焚き火台

週末の夜、この焚き火台に火を入れて、その灯りだけでのんびりお酒でも飲んだら、自宅のリビングに居ながらにして、木々の生い茂るリゾートのコテージのテラスにでもいるような雰囲気で寛げちゃいそうですよね。

 

ウッドデッキのパティオも、一部が掘り込まれて花壇に。

ウッドデッキのパティオに掘られた畑で家庭菜園

こちらは、観葉植物では無く、レタス、トマト、ほうれん草、ハーブなど、家庭菜園がメインだそうで。まあ、屋内に木が生えてるなら、観葉植物はもう十分足りてるでしょうしね。脇がウッドデッキになっているこの作り、奥へ楽々アクセスできてなかなか良いかも。

 

このお宅、サイコーすぎるくらいに素敵なんですけれど、管理の手間のことを考えると、ちょっとコワい気もします。

植物の育成環境ということだけを考えても結構色々と考慮が必要そうですし、天窓は最低限必須ですかね。あ、でも、日照をあまり必要としないような種類の木だったら、サイドに大きめの窓を作るだけでも何とかなるんでしょうか。植え込みは当然地面直でしょうから、湿気とか冷気とかが上がってきたりしないのかというあたりも気になります。

いちじくもアーモンドも落葉しますから、その時期の掃除のこととか考えるだけでも気が遠くなりそうな気もしますが…。

 

これだけの環境を手に入れようと考えたら、それなりの労力が必要になるのも当然といえば当然なんでしょうけれど、そこを敢えてメンテナンスの手間が極力掛からない作りにできたら最高なんでしょうけどね。

日照や水があまり必要なくて、気温、通風などへの対応幅も広く、落葉もしないし虫もつかなくて、ちょっとやそっとでは枯れない、なのに、常に青々とした生命力溢れる雰囲気で葉を生い茂られていてくれる。

そんな木があったら、是非うちのリビングの吹き抜けの下にも植えてみたいですけれど、そんな木、さすがに無いですかね…。

( via 1Kindesign )