タグ別アーカイブ: 天窓

家の中心に据え付けられた巨大な多機能ボックス



こちらのお宅、ちょっと面白いんですけれど。

内部に構造躯体以外のものがほとんど無い家の外観

 

家の内部に入ると、柱や梁などの構造躯体的なものと壁以外、ほぼ何もないようなガランとした空間に、

内部に構造躯体以外のものがほとんど無い家の内側

合板で作った、「サービスボックス」と呼ばれる巨大な物体が。

家の中央に設置された合板製のキッチン他多機能サービスボックス

 

こちら、ぱっと見は、上部に本棚のついた木製の造作システムキッチンという感じなんですが、脇を抜けて奥に行きますと…。

多機能サービスボックスの脇の通路

内部に階段が作られてまして、

多機能サービスボックスの内部に作られた階段

 

階段を上がった先、ボックスの上部には、こんなワークスペースが作られてるんです。

多機能サービスボックスの上はワークスペース1

 

階段を上らずに進んだ1階の奥側はトイレとクローゼットです。

多機能サービスボックスの奥側のトイレ

 

こういうの、なんて言うのんですかね?

キッチン兼収納兼階段兼トイレの箱?

 

でも、ちょっと面白いですよね。

スケルトン・インフィル住宅じゃないですけれど、まず周りのガワだけ、きっちりとしたものを作っておいて、内部側は、住む人のニーズに応じて多機能のボックスをオーダーメイドで作り込む、とか。

リフォームするのも簡単ですし、もしもいつの日か、こういうのが一般化した世の中が到来したら、1人一個/一家に1つとかで、みんなそれぞれ規格化されたこのボックスを持っていて、引っ越すときにはこのボックスを移設したりして……。

 

ちなみに、ベッドルームとお風呂はこのボックスには含まれていませんで、2階の、ワークスペースとは逆のエリアに、普通のフロアとして作られてます。

内部に構造躯体以外のものがほとんど無いスケルトンハウスの中の唯一の2階フロア

多機能サービスボックスの奥のベッドルームとバスルーム

あのボックスが無いと、ここに上がってくることも出来ないんですから、やっぱ少し(かなり?)変わってますかね……。

 

何はともあれ、こんな感じでダイニング・キッチン・収納・ワークスペース・トイレ・バス・寝室と一通り揃っているわけですが、あれ? じゃあ、リビングは無いの……?

ということで、キッチン脇のドアから外に出てみますと……。

ウッドデッキのベランダの屋外リビング2

ドアの先はウッドデッキのベランダになってまして、ここと庭がリビングスペースというわけで。

ウッドデッキのベランダの屋外リビングで寛ぐ

ウッドデッキのベランダの屋外リビング1

 

便利か不便か、実用性がどうだとか、実際には色々あるのかも知れませんけれど、住んだらともかく楽しそうなお家ですよね。

内部に多機能サービスボックスを収めたスケルトンの家

スケルトンの家の塀

スケルトンの家の塀に吊り下げられたハートマーク

( via archilovers )

【素敵でエコ】大きな天窓のある明るいバスルーム



こちらのバスルームの雰囲気、とっても素敵じゃないですか?

天窓のある明るく開放的なリノベーションハウスのバスルーム

ゆったりとした余裕のある空間に、2つ並んだ大きな天窓から降り注ぐ、これでもかというくらいの明るい光。

毎朝、少しだけ余裕を持って目を覚まして、このバスルームで熱いシャワーをゆっくりと浴びてから1日をスタートするようにできたら、自分を取り巻く色々なことが、良い方向に変わってきてくれそうな気がしますよね。

 

こちらのお宅、明るいのはバスルームだけじゃありません。

家全体が大きな吹き抜け状になってまして、多数設けられた天窓から降り注いだ光が、3階建ての家の1階の床まで届くようになってるんです。

天窓のある明るく開放的なリノベーションハウスの作り付け本棚のある階段

天窓のある明るく開放的なリノベーションハウスの階段下の吹き抜け

 

実はこちらのお宅、ドイツ ハンブルグの1950年代に建てられた一戸建てをリノベーションした物件なんですが、実際に人が住んでいる住居ではなく、モデルハウスなんです。

モデルハウスを作ったのは、デンマークの天窓専門メーカー”VELUX”。

このブログでも過去に何度かご紹介したことがあるメーカーなんですが、「天窓を如何に素敵に使うか」ということについて、この上なく熱心に研究されている会社でして、「今度家建てるんだけど、できれば天窓作ってみたいかな」とお考えの方は、一度サイトを覗いてみて損は無いのではないかと思います。

 

で、こちらのモデルハウスの話題に戻りますが、こちらのモデルハウス、単に天窓を見せるためだけに作られたわけでは無くて、天窓を機能的に用いたゼロ・エネルギー/カーボンニュートラル住宅を実現するプロジェクトのために作ったものなんだそうで。

 

先程も少し触れましたが、天井に多数設けられた天窓からの光が、吹き抜け状の室内を通って1階の床まで到達するように設計され、昼間は照明を使う必要が無いように設計されていたり、屋根へのソーラーパネルの設置や、屋根の上で温めた温水を床に張り巡らせた配管に流す、天然の床暖房システムなども導入されています。

天窓のある明るく開放的なリノベーションハウス2

古い建物のリノベーション物件は、最新の建物よりもより多くのエネルギー消費を必要とするケースが多いわけですが、その電力需要を、二酸化炭素の排出を伴わないエネルギーでカバーできるような仕組みの実現に取り組んでいるんだそうで。

 

こちらが、天窓を介した換気/熱交換と、ソーラーパネル、太陽熱を用いた床暖房システムのイメージ。

天窓とソーラーパネル、ソーラーラジエターを装備したエコ住宅の屋根

 

天窓とブラインドは、季節と時間帯、日照量に応じて自動で開閉し、自然の空調として機能して熱交換を行うように設計されています。

天窓を介した熱交換換気システム

 

ソーラーパネルや太陽熱床暖システムまで行ってしまうと、仕組みもかなり大掛かりですし、メンテナンスなどの手間やコストもかかってきてしまいそうな気もしますけれど、天窓とブラインドの組み合わせで自然の空調を作れるんだったら、これは十分にチャレンジしてみる価値がありそうな気がしますね〜。

ちなみにこのモデルハウス、GROHEも参加していて、キッチンとバスルームに雨水を再利用した水道/シャワーのシステムを提供しているんだそうで。

このプロジェクト自体はドイツでの話なわけですが、家を建てる際に参考にしつつ、建築家さんや工務店さんに相談してみると、長年の経験やノウハウと組み合わせて日本の住宅にマッチしたエコな仕組みを考えてくれたりするかも知れませんよね。

( via VELUX )