タグ別アーカイブ: 椅子

シックなダイニングとインテリアの計画性



こちらのダイニング、白、黒、シルバー、ダークブラウン、という非常にシックなトーンでまとまっていて、中々良い感じだな、と思ったのでご紹介させて頂きます。
この位のまとまりのある雰囲気のインテリア、というのは、やるのは結構大変だとは思いますが、ごく普通のお宅でも、この位までだったら頑張って仕上げている、という方もいらっしゃるとは思います。
そういった意味では、この位のまとまった感じ、というのが、普通のお宅での一つの目標になるのかな、と。
ただし、そこにはやはり計画性が必要になるとは思います。
まずそもそも、壁や床、という「簡単にはどうしようも無いもの」というのがこのトーンを保っている必要があるわけで、そういった意味では、家を建てたりリフォームしたり、という段階で、この雰囲気、このイメージを持てている必要があるわけです。
その上で、その内装に対してマッチする家具を持ってくる必要があります。
大物のダイニングテーブルあたりは予めしっかりと悩んでおいて、家の内装が仕上がるのを見届けて、実際の内装にマッチするものを選ぶ、という段取りが必要です。
家を建てている時でも、当然お仕事とかの日常は日々やってくるわけで、常に家のことばかりを考えているわけにはいかないわけです。
その中で、内装が仕上る→家具を入れる→引っ越す、というホンの僅かの期間に、的確に「マッチする家具」を選ぶというのは、実際にやってみると中々難しいのかな、と。
これを納得が行くように実行するためには、計画性や段取りがというのは絶対に必要になると思います。
ダイニングテーブルも良さ気な感じではありますが、それよりもポイントが高いのは、ダイニングテーブルで使っている椅子かな、と。
この椅子、さらっと置かれていますが、全体の雰囲気に与えている影響は相当大きいと思います。
アルミ素材のクールな雰囲気がこの内装と相当しっくり来ていると思いますし、角のあるカチっとしたフレームの意匠といい、背もたれ部分が格子状に抜けて軽い雰囲気になっている点といい、このダイニング全体の雰囲気に対して相当マッチ度が高いかな、と。
これが仮に、木やファブリック、皮革素材の存在感のある背もたれの椅子だったりしたら、この部屋の雰囲気全体がガラリと変わってしまったのでは無いかと思いますね。
ダイニングテーブルも相当良い感じのテーブルではありますが、このテーブルは、選ぶのはそんなに難しくないかな、と。
どちらかと言うと、数ある椅子の中から、この雰囲気の椅子をここに選んで持ってくるのは、油断していたらできないのではないかと思います。
そういった意味では、内装をデザインする段階でこの最終型のイメージがあり、内装が仕上がった段階で、しっかりと考えてダイニングテーブルと椅子を選んでくる、という段取りは必須だと思います(まあ、そこら辺のイメージがしっかりとある方に相談をしていれば、内装も家具もまとめて選んでしまえるわけではありますが)。
この椅子、欲しいです…。
※ちょっと調べてみたんですが、QUONというところのplaneta(プラネータ)という、業務用/屋外家具の椅子にとても良く似ていますね。実際にこの写真の椅子がそれなのかははっきりとはわからないんですけど…。
( via Homelife )

窓際に据え付けられた長机とベンチ



窓際に据え付けられた長机とベンチの組み合わせが中々良い感じだなと思ったので、ご紹介させて頂きます。

子供たちの勉強机でしょうか。
大学や教会で使われている様な、あまり一般的には見かけないような面白い長机とベンチですね。
兄弟二人で並んで小学校の宿題とかをやっている光景が目に浮かびます。
微笑ましくて中々良い感じですね。
こういった長机やベンチって、普通の家具屋さんで取り扱っている既製品ではちょっと見たことが無いので、欲しかったら、オーダー家具で作るか、DIYでやるか、という方法になるんですかね。
別の手としては、大学や教会の改築情報を運良く入手できれば、そこから廃棄品をもらい受けてくる、という手もありそうです。
この手だったら、使い込まれた歴史を感じさせられる、アンティークの様なものが入手できて良さそうです(そういった「ツテ」が見つけられれば、の話ですけれど)。
そういった意味では、学校の教室などを手がけている建設関係の会社や什器類を取り扱うような会社からならば、新品を入手することもできそうですね。
どちらも、個人相手に直接取引をやっているような会社とは思えないので、うまく「ワタリ」を付けられないと実現できない、というあたりがハードルが高そうではありますが。
そういえば、先輩が一人、ゼネコンで学校関係の営業をやっていたような…。
一番手っ取り早い(面倒くさい?)のはDIYで自分で作ってしまう方法ですかね。
日曜日に近所の教会か大学にでも行って、実物で長机とベンチの作りを確認してくれば、それを基にして図面を起こして、ホームセンターで木材を買ってきて、という感じでできそうですので、手間はかかりますが、これが一番実現の確実性は高いです。
うちは子供が二人いるのですが、将来勉強を一生懸命しなければいけない年齢になってきたら(そう遠くない未来な気がしますが)、せめてこんな感じの、雰囲気の良い勉強部屋を作ってあげたいです。
それまで、あの先輩がゼネコンで今のポジションに居続けてくれたらいいんですけれど…。
Photo ©HARO Flooring – Parkett & Laminat