タグ別アーカイブ: 遊び心

インテリアとレインボーな遊びココロ



コチラのレインボーカラーの道具類がキッチンに置いてあったら、食事の準備の時間を毎日ちょっとだけ底上げしてくれそうな気がします。
インテリアのカラーリングを、、黄色など、何らかの色をベースにしてカラフルにしてみたり、その補色を交えて遊んでみたりするのも良いですが、レインボーというのも良いですね。
インテリアにこういった小物や道具類を入れて遊ぶのであれば、まずはこういった「可愛らしい」、「綺麗な」道具類を見つけてくることが必要なんですが、その前の段階で忘れずにやっておかなければいけないことがあります。
それは「インテリア、内装をシンプルにしておく」ということです。
こんな感じのレインボカラーを持ってくるケースに限らず、例えばライムグリーンで統一して補色のオレンジを入れるにしても何にしても、そもそも内装に色々な色が無秩序に入ってしまっていたらこういった雰囲気にはならないんですよね。
それはそれでまた面白さがあったりして一概にNGだとかいう話では無いですけれど、色々な色を入れれば入れるほどゴッチャリとした感じになりがちですし(それが好きという方もいるとは思いますが)、バランス良く持っていくのも大変になってきますし、全体的に難易度は上がっていくのかな、と。
なので、家具や道具、小物類の良さ、面白さを最大限に活用して楽に良い雰囲気を作ってみたい、というのであれば、ベースとなる内装もそれを引っ張らないようなシンプルなものにしておいた方が無難だと思いますね。
インテリアは白や黒の落ち着いた色をベースにしておいて、ちょっと遊びたかったら、例えば壁を塗るペンキに少しだけ黄色とか赤とかを入れて、見た目ではわからない位に色を変えてもらう、という位にとどめておくと、そのあとがかなりやりやすくなると思います(ちなみに、壁を塗るペンキに何か色を混ぜたりする場合にはペンキの配合をしっかりと記録しておくことをおすすめします。いつかは塗りなおしをしたりしますので)。
「それだとちょっと寂しい」という方や「家具の関係で難しい」という方は、例えば「ダイニングキッチンだけは極力シンプルにしておく」など、特定のエリアに区切ってやってみるのも1つの手ですね。
その場合にも、あまり狭いエリアでやると結局周辺エリアのインテリアに引っ張られてしまう、ということになりますので、ある程度のまとまったスペースでやるのが良いと思います。
で、そうやって器の方を準備をしておけば、後はカラフルな小物や可愛らしい道具類を、できるだけ時間をかけてじっくりと落ち着いて探してくるだけですから。
その「じっくりと探す」がいざやるとなるとまたまた難しいんですが、ココらへんはセンスがどうとかよりも、実は忍耐力と精神力を鍛えるしかない様な気がしてます…。
「本当に気に入ったものかどうか、自分の求めているものかどうかをよーく考えてから買う」という、子供の頃にいろんな人から言われたことを実践すればいいだけなはずなんですけどね…。
Photo©M Hillier

鮮やかさと補色とカラフルなインテリア



家具やインテリアと直接関係無いんですが、先日の「ライティングの参考 照明と補色」に引き続きまして、色使いにやられてしまった写真を見つけたものでご紹介させていただこうかな、と。

こちら、スペイン カタローニャ州のBernat Caseroさんという方の作品なんですが、このビビッドな色使い、かなり好きな感じです。
オレンジと緑という補色関係がベースで、しかも相当鮮やかな感じの色を持ってきてますので、見た瞬間にびびっときてしまうといいますか何といいますか…。
ダジャレが言いたくてこの記事を書いてる訳じゃないんです。ホントです…。どうしても我慢できなくて…。すんません…。
自分の家のインテリアにもこういう色使いを持ち込みたかったんですけど、素人がやるには中々難しいですよね。
後から思いついても、既存のインテリアやカラーリングとの兼ね合いというものがありますし…。
既に住んでいる家でこういったものを目指すならば、家具を入れ替えたり買い足したりするタイミングでちょっとづつやっていく、というのが良いですかね。
最近は強化ポリプロピレンのものなんかで結構発色の良いものがありますから、そういったものでライムグリーンとかアクアブルーとかオレンジとかの、気に入った良い色の椅子とかテーブルとかを探してきて、また1、2年後に何かを買い足す機会に、今度はその色に合わせて何か別の「びびっと」くるものを探す、みたいな感じでやっていけば、ちょっと時間はかかるかもしれませんけど、インテリアの中にこういった面白さを取り入れていくことができそうな気がします。
やっぱりホントは家を建てるときにやるのがいいんでしょうけれど、建築家さんにも色々なタイプがいますので、そもそもこういったのが好きでない人だったら、提案とかも全然してくれないと思いますし。
もしかするとそういうのが好きな人でも、施主側がそれとなく話をしなかったら中々提案しづらいものなのかもしれませんけど。
でも、普通に経済学部とかに行って普通にサラリーマンをやっている様な人には、そもそもこんな発想自体無いわけで(ある人にはあるわけですけど、少なくとも僕にはありませんでした)、思いつきでも冒険でも、もっとどんどん思い切って提案してくれたほうが、結果としては嬉しいと思うんですけどね。
ごくごく普通の人だって、家の中に色々と遊びココロが欲しいと思ってるんだと思うんです。
こちらも同じく「びびっと系」でもう一枚(しつこくてほんとすんません…)。
黄色と水色の補色

黄色と水色の組み合わせというのも良いです。
この写真を見ても思うんですけれど、こういった感じのインテリアにしたかったら、鮮やかな色を選ぶことは必須ですかね。
鮮やかじゃ無い色を選んだらそれはそれで面白い感じになるとは思いますけれど、雰囲気はまた違った感じになるんだと思います。
そのうち機会を見つけて、「鮮やかじゃない系」のカラフルなインテリアも探してみたいと思います。
Photo #1©Bernat Casero , #2©tantrum_dan