吹き抜ける風と木漏れ陽を楽しむダイニング



抜けるような青い空と、新緑の隙間から差し込む爽やかな初夏の日差し。

全開口のガラス折れ戸と天窓のあるダイニングキッチン

こちら、ロンドン北部 イスリントンに建つ、「ビクトリアンハウス」という、伝統的なテラスハウスをリノベーションした物件の庭からの風景なんですが、自宅のダイニング・キッチンがこんなだったら良いですよね〜。

 

庭とダイニングの間のドアは、全開口型のガラス折れ戸。

ダイニングの全開口のガラス折れ戸

 

そして、ダイニングテーブルの上には、これでもかというくらいに大きな天窓が。

ダイニング上の大きな天窓

頭上にこれだけ大きな天窓が口を広げていたら、屋内に居ながらにして、まるで外にいるかのような開放感を味わえそうです。

 

しかも、一段奥まった場所にあるキッチン側にもしっかりと光が差しこむように、キッチンの頭上に更にもう1つ、ちょっと変わった斜め向きのトップライトを設置。

キッチンカウンターの上の大きな天窓

外部に面したダイニングエリアの上には通常の天窓、奥側のキッチンの上には斜めを向けた天窓という形で、2種類の天窓を組み合わせることで、太陽が低い位置にある時間帯にはより奥まで光が届き、太陽がある程度以上に高く昇った以降の時間帯には、奥側のエリアには直射日光が差し込んでこないようになっているわけです。

これはなかなか面白いアイディアなのではないかなと。

 

ちなみにこちらのお宅、ダイニング・キッチン以外も、家中いたるところに、これでもかというくらいに天窓が入れてあるんです。

 

メインのベッドルームの天井にも、

メインベッドルームの上の天窓

 

サブのベッドルームの天井にも、

サブベッドルームの上の天窓

 

 

バスルームの天井にも天窓を入れてあります。

バスルームの上の天窓

 

日本でここまでいろいろな場所に天窓を入れたら、方向やサイズを相当しっかりと考慮しておかないと、夏の西日とかで結構大変なことになってしまうかも…。

一年を通じてどんよりとした天気の日がかなり多いと言われるイギリスだからこそ、こんな感じに天窓をたくさん入れて、貴重な日差しを楽しもうということになるのかも知れません。

 

 

でも、諸々の条件が許すのであれば、日照や方角的なことを十分に考慮した上で、こちらのお宅みたいな、光と風を心ゆくまで楽しめる開放感抜群のダイニングをいつか作ってみたいですね〜。

( via Neil Dusheiko Architects )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>