大空間を区切るスキップフロアと棚



こちらのマンションの一室、手前のダイニングスペースと奥のリビングスペースの空間の仕切り方が中々良いなと思ったので、ちょっとご紹介させて頂きます。

リビングスペースとダイニングスペースがスキップフロアでつながっていて、しかもその間には、間仕切り的な、一風変わった棚が作り付けられてます。
この棚、ちょっと珍しい作りですね。
写真だとちょっとわかりづらいかもしれませんけれど、壁から1.5m位の場所(天井の梁に鉄の板が打ち付けられているあたりです)に、梁から床まで柱が一本通ってまして、壁とその柱を使って、その間の部分に棚を作り付けてあります。
棚の両側のエリアから使うことが出来て、本棚としてもディスプレイ棚としても、なかなか使い勝手が良さそうです。
スキップフロアと棚を使った空間の区切り方も面白いですよね。
このマンション、間取りなどの細かい情報が無いのではっきりとはいえないんですが、専有面積全体が930スクエアftということなので、単位を直すと、83平方m≒50畳、といったところでしょう。
このリビング・ダイニングに加えて、キッチン、ベッドルーム、お風呂位を作ったら、スペース的にはパツンパツンな感じかな、と。
そうすると、このマンションで暮らす人は、寝ている時とお風呂のとき以外は、ほぼ100%、このリビングダイニングで過ごすことになるわけです。
その「唯一の大空間」に対して、このスキップフロアと棚が「一体の空間ながらも色分けをする」ことに成功しているわけです。
(ちなみに、上記の写真の反対側、リビング側から見たダイニングエリアはこんな感じになってます)
このエリアが、スキップフロアも棚が無い、単なる一つの空間になっていたら、全く雰囲気が違ったと思うんですよね。
リビングに居てもダイニングに居ても、何だかいつも同じ場所にいるような気がしてしまうんでは無いかと。
メリハリが無いと言いますか何といいますか…。
コレが仮に、もっと広くて、いくつも部屋がある様なマンションだったら、ちょっと話は違うと思うんです。
別にこの部屋が1つの空間になっていても、別のエリアで別の空間を作っていけば良いわけですから。
でも、このマンションにはそこまでのスペースは無いです。
そういった物件に対して、この空間の仕切り方を持ってきて、ちょっと面白い雰囲気に作り上げている、というあたり、学ぶべきところがあるのでは無いかと思います。
ちなみにこのマンション、デザインやインテリアとは直接関係無いんですが、「不動産」という大きな買い物をするにあたって、何かの参考になりそうなエピソードがあるので、そちらも併せてご紹介しておきたいと思います。
オーナーのジェームズさんがこのマンションを買ったのは2005年、つまり、住宅バブルでアメリカの不動産が高騰まっただ中だった時期です。
でも、そんな状況下でも、この物件自体は、不動産屋をして『暗くてジメジメして、狭くて、どうしようも無い(ので、買わないほうが良いよ)』と言わしめる様な物件でした。
現在は1フロアのマンションとして住んでいるんですが、購入当初は上下2フロアが繋がったメゾネット形式のマンションだったそうです。
で、このマンションを安く手に入れたジェームズさんは、2つのフロアの中でも、比較的まともだった上のフロアを良い感じにリノベーションして、まずそのフロアを売ってしまったんだそうで。
そして、「全くダメダメ」状態だった下のフロアをリノベーションして、こんな素敵な1フロアのマンションに作り変えたんだそうです。
つまり、ジェームズさんは、この物件を見た時に、「下のフロア、リノベーションすればイケる」ということに気がついてたわけです(予想を上回ってダメダメだった箇所もあったらしいですが…)。
まずは、そこの「気づき」が重要だったとは思うんですが、このエピソード、それだけでは無くて、人生にとってもっと重要な行動原則の様なものが含まれているような気がするんですよね。
「良い方を売る」って、ちょっと突飛な行動の様にも思えますけど、逆のパターンをやろうとしていたら、つまり、悪い方を売ろうとしていたら、こんな良い結果にはならなかったのでは無いかと思うんです。
そもそも上のフロアはそこそこ良い感じだったわけで、そこに住もうと考えていたら、上のフロアのリノベーションは「ほどほど」で済んでしまっていたのかな、と。
で、下のフロアは売れなかったりして。
つまり、どっちも困っていたことになっていたのでは無いかと思うんですよね。
そういう様なことを考えてみると、単なる結果論なのかもしれないですけれど、ジェームズさんの取った行動というのは、「2つのフロアを最大限に有効活用するための最良の手」だった様な気がするわけです。
真似してできることでは無い気もしますけど、十の価値のものを二十や三十にしたければ、どこかで誰かが付加価値を生み出さなければいけないわけで、その「誰か」というのは、結局は自分自身なんだろうな、という様なことを考えさせられましたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>