【やり過ぎ・洒落過ぎ】AKAセントラルパークのアウトドア・ベッドルーム



つい先日アップした記事で「香港には行ったことが無い」と書いたんですが、実は僕、ニューヨークに行ったこともございません(西海岸方面とかインドネシア、アジア方面なら、それなりに行ったことはあるんですが…)。

こちら、ニューヨーク5番街と6番街の間、58丁目にあるAKAセントラルパークというサービスアパートメント(家具付きの短期・長期滞在用高級アパート)のテラスなんですが…。
アウトドア・ベッドルームです。
星空の下で、ニューヨークの夜景を眺めながらスヤスヤと眠れてしまうわけです。
洒落てます…。というかやり過ぎです…。
サービスアパートメントというのは、一言で言えば「お金をふんだんに持っているエグゼクティブが滞在するための物件」なわけで、そこら辺から来る「楽しければ良いじゃない」的な開き直りがこういうアイディアにつながっていくんだと思うんですが、真似できるものなら真似してみたいですね…。
ちょっと妄想してみたいと思います。
ニューヨークだって月間100mm位は雨が降るわけで、このベッドも出しっぱなしというわけには行きません。
つまり、このベッドは間違いなく「可動式」です。
屋内の寝室から、その日の気分や必要に応じてこのベッドをテラスに動かしてきているわけです。
そこら辺を前提にして考えてみるに、
・大きめのテラスを作っておいて、
・ベッドから全開型のガラスドアでテラスに出られるようにしておいて、
・寝室とテラスの間に段差を作らないでフラットにしておいて、
・ベッドを可動式にしておいて、
・テラスが外から覗かれないようにしておいて、
という位の条件を満たせば、十分にこの屋外ベッドルームを真似することができるのでは無いかと。
後はコレを実行に遷すに値するだけの「景色」を手に入れることが出来れば準備完了です。
「そこまでやる必要アルの?」などと考えてはいけません。
一度しか無い人生で、(恐らく)一度しか無い「家を建てたり買ったりする」というイベントなわけですから、できる限り楽しんでみたって良いんでは無いかと思うわけです。
( via AKA )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>