【シックなベースと遊び心】グレーと白のミニマルなリビング



「ミニマル」とかいっちゃいましたが、良いのかな。

そりゃ、世の中にはもっともっとシンプルでコンパクトなリビングもあると思うんですけれど、敢えて「ミニマル≒最小限」というコトをよくよく考えてみた場合、このくらいのリビングこそが「ミニマル」なのかな、と。
やはり、ソファは最低でも3人くらいがゆったりと座れるサイズであって欲しいですよね。
ソファにそのくらいの余裕があると、家族3〜4人でリビングで一緒に過ごしていても十分に寛げますし、仮に同性の友人と並んで座っても気持ち悪くなったりもしません。
珍しく家族が皆出払っていて自分一人の時間が過ごせるときには、ソファにゴロリと横になったりもできますし。
メインのソファがそのくらい余裕があるサイズで、尚且つ、それとは別に座り心地の良い一人掛けのチェアかソファが一つあると良いですね。
家族皆で一緒の空間に居ても、一人だけちょっと違うことをして過ごしたいときもあるわけじゃ無いですか。
そういうとき、こういう一人掛けの椅子がL字の場所においてあると、「近からず遠からず」「一緒のようで別」「でも一緒」みたいな微妙な距離感で過ごすことができて良いです。
お客さんが来たときとかにも、相手と横に並ぶでも無く、向かい合うでもなく、90度の角度で相対したいときも結構多いと思います。
そういう意味では、この一人掛けのチェアはかなりポイントが高いかな、と。
大人2人+子供2人くらいの家族構成だったら、実際にはこのチェアが無くても全然問題無いんですけれど、でも、このチェアが一つ置かれているだけで、このリビングの有効活用レンジがグッと2.5倍くらいに拡がってくれていると思うんですよね。
というようなことを色々と考えてみると、複数人で暮らす家のリビングには「最低限」このくらいのスペースが必要なのかな、という、最初の話に戻るわけです。
幅4m×奥行き5m≒12畳といったところでしょうか。
決して広くは無いですけれど決して狭くも無い、ごくごく標準的なサイズのリビングですが、良い感じなのでは無いかと。
ちなみに、壁と床、ソファとチェアを、白とグレーでまとめ切っているところもなかなか良い感じかなと。
ベースをこのくらい頑張って上品で落ち着いた感じに仕上げてあると、アドオンで何を持ってきても上手く行く感じがします。
クッションにサーモンピンクみたいな色を入れてみるだけでも相当面白い感じになりますし、チェアのフレームの綺麗な明るいブラウンや、木製パレットを流用した独特な素材感のあるローテーブルなど、それぞれとも絶妙なコントラストを保ってくれていますよね。
次に自宅のリビングの壁を塗り替えるときは、このグレーの雰囲気を真似してみようかな。
( via the guardian )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>