【無機質と暖かみの調和】レトロなダイニング・キッチン



こういう雰囲気、なんて表現するのがあってるんですかね?

インダストリアルでビンテージなリビング・ダイニング・キッチン

無機質でインダストリアルな雰囲気と、暖かみのあるレトロな雰囲気が組み合わさって、ある種スチームパンク的な感じが醸されているような気もします。

インダストリアルでビンテージなダイニング・キッチン

 

こちら、スペイン マドリッドに建つ、Gustavo Salmerónさんという俳優の方のご自宅のリビング・ダイニング・キッチンなんですけれど、雑多でありとあらゆるものが詰め込まれているのに、全体が完全に調和しているかのようなこの雰囲気、サイコーじゃないですか?

インダストリアルでビンテージなリビング1

 

トップライトから室内に降り注ぐ明るい光が良いですね〜。

インダストリアルでビンテージなリビング2

それにしても、相当な凝り性じゃないとココまではやれないのでは無いかと。

 

キッチンなんてこんなですから……。

インダストリアルでビンテージなキッチン

天井から鎖で吊り下げられているのは、どう見てもシャワーヘッド……。近未来を描いた映画の主人公が、料理では無い何かをやってそう感じです。

 

長い人生の間に1度くらいはこんなところに住んでみたい気もしますけど、未就学児童含んでの4人家族とかじゃ、ちょっと無理ですかね……。

でも、バスルームや洗面所くらいだったら大丈夫かも。

インダストリアルでビンテージな洗面台

シンプルで、使い勝手も意外と良さそうな感じ。

家族には内緒でこういうアイディアをリサーチしつつ自分の中で暖めておいて、将来家をリフォームするときに、さり気なくこういうプランを紛れ込ませてみるというのはアリかもしれません。

( via HomeDSGN )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>