【緩く隔てる】リビングの隣の1段高くなったテラス



こちらのテラス付きリビングはいかがでしょう?

1mほど高くなったウッドデッキのテラスのあるリビング

リビングと隣接するテラスが5段ほどの階段で緩く隔てられたこの作り、屋内と屋外が、つながりつつも別の空間になってる感じがなかなか良い感じかなと。

テラス側が高くなっているお陰で、テラスが外部からの目隠し的な役割も果たしてくれるようになっているところもポイント高いです。

リビングよりも1mほど高くなったスキップフロア状のウッドデッキのテラス

 

こちら、ニューヨーク トライベッカに建つ7階建ての元縫製工場をリノベーションした物件のペントハウスでして、開放感や屋外環境という面にはかなりこだわって手を入れたようで、例えばバスルームもこんなだったりして。

全面ガラス張りの開放的なバスルーム

頭上に広がる青空と眼下の街並みを眺めながら湯船に浸かってのんびりリラックス、なんてサイコーじゃないですか? ま、実際には流石にここを開けっぴろげで入浴するわけにはいかない気がしますけど、夜だったら、室内の照明を落とせば外からはあまり見えなさそうですし、真っ暗な中で夜景を眺めながら、なんてものそれはそれで素敵そうですよね。

 

ベッドルームにもこんな感じのテラスが作られてます。

開放的なウッドデッキのテラスの屋外リビングのついたベッドルーム

 

テラスの周囲を囲う壁はガラス製。

ベッドルームに隣接する開放的なウッドデッキのテラスの屋外リビング

この開放感、良いですね〜。もうこのスペースだけだけあれば他には何も要らないくらいかも。

 

でも、バスルームじゃなくても、こんな感じに周囲から見られ過ぎちゃうというのは、人によってはちょっとダメなこともあるかも知れませんけどね。

ガラスに軽くミラーでも入れておいて、外部からは、鏡というほどでは無いけれど、反射で中が見えづらいような感じにしておいたりするのが良いんでしょうかね。それでも、夕暮れ以降で内部の方が明るくなってくると、どうしても外から見え過ぎな感じになってしまうのは避けられ無さそうですが、軽いスモークと組み合わせるとか、夜はカーテンを引くとか、照明の当て方との組み合わせなんかでもある程度は回避できそうでしょうか。

 

まあ、もしも本当にこんなところに住んでたら、他者から見られても何も気にしないで過ごせちゃうようになるような気もしますけど……。

( via SOMA )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>