タグ別アーカイブ: シャワー

【開放感抜群・一点要改善】海と空と太陽のバスルーム



この雰囲気、この開放感、こんなお風呂があったら、一日中出たり入ったりしたくなっちゃうかも。

でも、ごめんなさい。
実は本日この写真をピックアップしたのは、ある重大なことを皆様にお伝えしたかったからなんです。
それはナニかと言いますと…。
「(恐らくですが)このお風呂には少なくとも一箇所、問題点、改善すべき点がある」ということなんです。
バスタブの真上にオーバーヘッドシャワーが据え付けてあるじゃ無いですか。
コレは頂けませんな。
このシャワー、別名レインダンスとかともいいまして、真上から体めがけて大量に滴ってくる水がホントに気持ち良いんです。
なんと言いますか、水の塊に体が包み込まれるような、そんな不思議な爽快感が得られる素晴らしいシャワーなんです。
そんな素晴らしいシャワーを、こんなバスタブの真上につけちゃってはダメなんでは無いかと。
バスタブに水が張ってあったら、体を包み込むはずの水の流れが十分に堪能出来ませんから。
しかも、バスタブの中に立ってバスタブのヘリとかを気にしてたら、爽快感も半減しちゃうと思うんですよね。
経験者は語る、というやつです。
でも、このバスルームがサイコーに気持ちが良さそうなコトは間違いないと思いますけどね。
オーバーヘッドシャワーの設置場所をバスタブの向こう側とかに移動して、海と空と太陽を全身に感じながらシャワーを浴びられるようにしたら、ほぼ満点だと思います。
※いきなり写真を引用しておいて、その上「問題アリ」とか偉そうなことを言い放っているわけで、引用元にブチ切れられる可能性もあるんですが、ま、イタリアの方なので日本語は分からないかなと…(それに、言ってること自体は間違ってないと信じてますんで)。
もしも万が一ご気分を害されたりしちゃったらスイマセン。お手数ですが当方宛にご連絡をいただけますようお願い致します。修正とか削除とかします…。
(via SANIKAL )

浴室を広く感じさせるためのアイディア



さて、毎日の様に下らないことばかり書いておりますこのブログですが、この度、またまた下らないことに「気づいて」しまいましたので、ちょっと記しておきたいと思います。

こーゆー下らないことも、もしかすると、いつかの未来の自分のために役立つかもしれない、と思っておりますし、もしかして、少しでもどこかの誰かのお役に立てたら、僕も幸せです。
で、その下らない「気づき」なんですが…。
お浴室エリアの中に、個別に仕切られたシャワールームがあったり、何らかの仕切りがあったとするじゃ無いですか。
その仕切りって、何のためにあるんだろう?と考えてみると、それは「シャワーとかの水しぶき飛散防止」なわけです。
そもそもお風呂に入るときには誰でも裸になっているわけですし、一般的には完全にプライベートな空間だと思いますので、わざわざその中に「目隠し」的なものを作る必要性は低いはずです(ユニットバスとかで、朝、シャワーを浴びているときに、同居人が歯磨きをしに来る、とか、そういったケースはあるかもしれませんけれど…)。
なので、海外とかの洒落たバスルームには、こんな感じのガラス張りの仕切りが使われていたりします。
コレは特別珍しいものでもなく、比較的よく見かけるものなので、今まで「あ、洒落てんな」位にしか考えてなかったんですが、で、じゃあ、ユニットバスとかに使われるシャワーカーテンって、あれは何なのかな?と。
何でだか理由はよくわかりませんが、薄いクリーム色とかの、酷いデザインのものが使われていることが多いですよね…。
別に目隠し的な目的があるわけでもないのに、透明じゃなくて、しかも、うっすらとシルエットが透けて見えてしまうような…。
わざわざあんなのを採用する必要は全く無いと思いまして…(僕が考えつく理由はただ一つ、不動産屋さんのコスト的な問題によるものだと思うんですが)。
浴室を、狭く、且つ、ダサく感じさせるだけで、乾きも悪くって、そのうちカビてきたりするじゃ無いですか…。
こうすれば良いんじゃないかな、と。
下らなくってすいませんでした…。
こーゆーの、好きなんです…。
開放感有り/遊びココロ有り/カビづらし、みたいな感じだと思うんですけど。
こんなのも有ります…。
Photo #1©caribbeanfreephoto , #2©@tomh , #3©Joe Shlabotnik