タグ別アーカイブ: トイレ

【更に掘り下げる】階段下の有効活用と追加のアイディア



この階段下のスペース、ちょっと良い感じじゃないですか?

階段下のトイレと洗面所スペース

階段下のスペースをトイレにするというアイディア自体は、それほど珍しいものでもないと思いますし、実は僕の家でも、1階の階段下スペースをトイレに割り当ててあったりします。でも、このお宅の階段下スペース、そういうよくある「階段下スペース」よりも、もうちょっとだけ良い感じなのではないかと思いまして。

どこらへんが「もうちょっと」良いのかと言いますと、「スペースがあったので、そこをトイレにすることにしました」で終わることなく、壁に鏡を取り付け、棚を作り、ちょっとした洗面スペースとしても使えるようにしてあるところが何気に素敵かなと。

スペース全体を開けっ広げて使える大き目のドアも、この洗面所としてのこのスペースを格段に使い易くしてくれてそうです。

 

トイレと洗面スペースが一緒になっている事自体は賛否両論あるかも知れませんけれど、そういった個人的な好みの問題はひとまず横に置いておくことにして、1つの良いアイディアをそのままで良しとして採用するのではなく、そこから更に一捻り二捻りして、スペースをより有効活用できる、より満足度の高い、こういった形にまで進めていくのって、いちいちやってたらかなり大変なわけですけれど、こういうのこそが本当に大事なことの1つなのではないかと思うんですよね。

 

一人暮らしだったら、このスペースだけで色々と事足りてしまうかも知れませんし、家族で暮らしていて、忙しい朝に家族間で洗面スペースの使用タイミングが重なってくるときの、サブの洗面スペースとしての役割なんかも果たしてくれたりするかも知れません。来客時にお客様も使うトイレだったら、女性がちょっとしたお化粧直しもできるスペースとしても役に立ってくれるかも。

実際には細々と検討が必要な部分もあるかと思いますけれど、アイディアに加えた一捻り二捻りを切り口にして、そこから更に掘り下げてみることで、それまでには気が付かなかった新たなことが色々と見えてきたりもして、それがまた面白かったりするのでは無いかなと。

( via apartment therapy )

コンクリートのバスタブとシンク



コチラのバスルーム、かなり面白い感じです。

赤茶色の部分の素材はコンクリートだそうで、バスタブとシンクと、その間をつなぐ棚を一体形成してあります。バスタブの側面に空いている穴はタオル用のストレージだそうです。
石とかコンクリートのバスタブというのは一般の家庭ではあまり見かけないと思いますけれど、温泉とかに行くとありますね。
北関東某所に戦時中父が疎開していた家があって、今でもたまに行くことがあるんですが、そこのお風呂も石造りで、どっしりとした石がしっかりと温まった感触が結構良い感じだったのを思い出しました。
実は僕、このバスタブとシンクと棚の組み合わせの中で一番面白いと思ったのは、この棚の部分なんです。
この棚を作れたセンスはスゴイなと。
この棚があるお陰で、バスタブとシンクが一体化して、この面白い感じになったわけです。
棚を作ってバスタブとシンクをつなげたのは絶対に正解だと思いますね。
しかもその棚の下にトイレが埋め込まれている、という。
トイレの後ろですから、そもそもデッドスペースなわけで、そこを棚として有効活用できてますし、見た目的にも面白いですし、でも正直言えば、それがなんだという…。
バスタブとシンクと棚を別々に作った方が絶対に楽なわけで、そこを敢えてつなげて、それをコンクリートで一体に成形してしまおう、と考えたことがすごいなと思うわけです。
こういうのを見ると、新しいものを作ってみようとするデザイナーって偉いなと思いますね。
タオル用のストレージはちょっと使いづらそうではありますが…。
Photo ©Jeremy Levine Design