タグ別アーカイブ: パントリー

【道具と雑貨を柔軟に】有孔ボードとカウンターワゴンを組み合わせたキッチン脇の収納スペース



キッチンまわりで使う各種の道具類や調理家電って、1つ1つ形が違って大きさもまちまち、それなりのサイズのものもあったりして、収納場所に意外と苦労したりするんですよね。

キッチン脇にパントリー的な収納エリアが作れる恵まれたご家庭では、そういったところに収めておけばいいんでしょうけれど、パントリーを作るような手頃なスペースがどうしても確保できないというケースも別に珍しくはないと思うんです。

そういう場合、こういうのはいかがでしょう?

有孔ボードとカウンターワゴンを組み合わせて作ったキッチン雑貨、道具類の収納スペース

ホームセンター買ってきた有孔ボードを手頃な大きさにカットして壁に取り付け、その下にワゴンを置くだけ。

アメリカンな感じの無骨なスチール製のワゴンもいいですし、北欧風のシンプルで落ち着いた雰囲気のとかもいいですね。シャビーな雰囲気の、木の素材感そのままの古い木製ワゴンなんかを入れてみてるのもおもしろいかも。

以前にご紹介したビンテージのギャレーカートとか、車内販売用のワゴンとか、そういう業務系モノを流用してみたりするのもありかも知れません。

航空会社のギャレーワゴンテーブル

ものが増えたり、道具の入れ替えなんかで収納スペースを見直したいときにも、有孔ボードに差し込んであるフックを動かせば簡単に収納スペースの組み換えもできますし、手の込んだ料理をするのに広いスペースで作業をしたい場合とか、来客時なんかには、このワゴンごとガラガラと移動することでいろいろと柔軟に対応できちゃいます。

 

ワゴン側にどのくらいこだわるかにもよるとは思いますけれど、有孔ボードが数千円台の前半+ワゴンが1〜2万円程度として、3万円あれば十分おつりが来るくらいでDIYにチャレンジできてしまうのではないかと。

この夏、うちのキッチン周りの収納も少し見直ししてみようかな。

( photo #1 via Better Homes and Gardens , #2 ©Telstar Logistics)

【リビングよりもキッチンを】巨大なカウンターテーブルと充実した収納スペースのあるダイニング・キッチン



こちらのお宅のダイニング・キッチン、ちょっといい感じだなと思ったのでご紹介させていただきたいと思います。

巨大な収納と巨大なカウンターテーブルのある使いやすそうなダイニング・キッチン2

 

幅約4m×奥行き5m、30畳以上もの広さのある大空間のダイニング・キッチンの中央には、幅3m以上、大人4人が横に並んで食事をすることもできる、ゆったりとしたアイランドカウンター。

巨大な収納と巨大なカウンターテーブルのある使いやすそうなダイニング・キッチン

 

当然こことは別に、手前のエリアにメインのダイニングスペースも作り込んであります。

ダイニングエリアの脇の壁は一面造作の本棚と収納棚

側面の壁は一面造作の本棚と収納。ダイニング・キッチンにこのくらい余裕のある本棚があると、お料理関係の本なんかもいろいろと置いておけて便利そうですよね。

 

キッチンエリアの奥の壁面には、大物調理器具専用の収納スペースが。

巨大な収納と巨大なカウンターテーブルのある使いやすそうなダイニング・キッチン 奥の棚には大物調理器具などが全てまとめて収納可能

巨大な収納と巨大なカウンターテーブルのある使いやすそうなダイニング・キッチン 奥の大物器具用収納棚

こういう調理器具類って、かなり嵩張る割りには必ずしも毎日使うわけでもなかったりして、だからといってキッチンから離れた場所にしまいこんだりすると途端に使い勝手も悪くなりますし、結構扱いに困ったりするんですよね。その点こんな感じに、キッチンの一画にまとめて収めておけるようになっていると、使いたいときにサッと出して使って、使い終わったらまたすぐに定位置に戻して、という感じて使えて宜しいのではないかと。

 

逆サイドの冷蔵庫とオーブンの間には、こんな感じの調味料専用の収納棚が作り込まれてたりもします。

巨大な収納と巨大なカウンターテーブルのある使いやすそうなダイニング・キッチン オーブンと冷蔵庫の間には奥行きのある調味料専用の収納棚

 

このくらい収納が充実してると、何をするのもやりすいでしょうね。

元のスペースが30畳以上という恵まれた環境だからこそ、こんな感じにかなり余裕を持った収納を作れるわけですけれど、キッチンというのは毎日何時間もの間、作業を行う場所であり、そして各種の道具類を収めておく収納場所でもあるわけで、作業スペースと収納にはできるかぎり余裕を持たせて理想的な形で収めておけるようにしておきたいですよね。

「広々したリビング」も当然良いとは思いますけれど、もしも各種のエリアに割り当てるスペースにそこまで余裕がない、という場合には、もしかすると、「こじんまりとした、ほどほどに居心地のよい小さなリビング」と「広々として使い勝手の良いダイニング・キッチン」の組み合わせというのも選択肢としてはありなのではないかと。

まあ、ホントは、「どのエリアも広々と余裕のあるリビング・ダイニング・キッチン」が一番いいとは思うんですが、世の中、そうそう上手く行くことばかりじゃないですしね…。

( via BUNKER WORKSHOP )