タグ別アーカイブ: リノベーション

【遊び心のアクセント】リノベーション後の赤いトイレ



こちらのトイレ、さすがにココまでやってしまうと、落ち着いて用が足せないような気がしますが…。

トイレットペーパーホルダまで真っ赤にしてあったりして、結構芸が細かいです。
実はこちら、オランダ東部ハールロの街に建つ、教会をリノベーションしたお宅のトイレでして、予備のペーパーが十字に吊り下げてあるのも伊達じゃなわけです。
玄関を開けて建物内部に入って行くと、左手がダイニング・キッチン。真ん中にデーンと構える構造物は、2階に上がっていくための階段です。
右手のエリアはリビング。
奥はワークスペースになってます。
階段で2階に上がっていきますと…。
ソコには、ベッドルームとバスルームが。
全体を俯瞰して見ると、こんな感じ。
吹き抜けた上階の浴室から、バスタブに浸かりながら見下ろす風景はなかなかのものなのでは無いかと。
この開放感、これぞロフトといったところでしょうか。
しかしコレ、日本で言ったらお寺や神社をリノベーションした物件という感じなんですかね?
そんな物件はいままでにお目にかかったことが無いですけれど、やりようによっては確かに良い感じのモノをつくれそうな気はしますけど…。
でも、神様に怒られちゃいそうで何だかちょっと怖くないですか…?
ココらへんはやはり、お国柄とか宗教観とかそういったものが違うからなんでしょうね。
( via AFFLANTE )

【一塊の空間】コンパクトなリノベーションハウス



コチラのとってもコンパクトな一軒家、結構ツボな感じ。

もしも諸々の条件が許すならば、一度くらいはこんな感じのお宅にも住んでみたいです。
1階は10畳くらいのダイニング。
で、階段で2階に上がると、ソコは10畳くらいのリビング。
イマイチ家の作りがよく分からないトコロもあるんですが、恐らくメインの空間はもうコレが全てという感じで、あとはもしかしてベッドルームが何処かに1つあるのかな…?
一軒家なのに超コンパクトなんですけど…。
でも、このコンパクトさ、何だかとっても落ち着きそうじゃ無いですか?
結婚したばかりの頃にしばらく住んでいた1LDKのアパート(マンションじゃ無く)を思い出して、何だかとっても懐かしい気持ちになります。
このくらいコンパクトだと、1階と2階別々のフロアにいても、ほとんど同じ空間にいるくらいの感じで普通に会話とか出来ると思うんですよね。
この距離感や家全体としての空間のまとまり方、かなり良い感じなのでは無いかと。
この家には間違ってもテレビとかは置かないほうが良いですね。
ちなみにコチラのお宅、何と日本のお宅なんだそうで。
築100年くらいの横浜の洋館をリノベーションした物件なんだそうです。
まだこんな建物がしっかりと残ってるんですね〜。
この柔らかなオフホワイトを基調とした可愛らしい内装がまた良い感じですよね。
コレがごく普通の近代的な内装だったりしたら、ちょっと狭さが圧迫的な感じになってきてしまうような気がするんですが、そういった尖った感じが一切無いからこそ、この雰囲気に上手にまとまってくれているのかなと。
でも、この広さだとせいぜい夫婦2人までが限界ですかね…。
というか、もしかしてひとり暮らし向け…?
いつか子供たちが独立したあとで、もしもチャンスがあったら夫婦2人でこんなトコロに住んでみたい気がしますね。
妻も自分もお互いに良い感じの年齢になったあとでも、このくらいの距離感で毎日過ごしていることができたら、それはきっとものすごく幸せなことではないかなと。
( via Home Adore )