タグ別アーカイブ: 作り付け棚

【白とグレーとオレンジの組み合わせ】コーナーの作り付けの本棚



これからお家を建てたり引越したりするご予定のある方は、家のどちらかの一画にこんな本棚を作り付けてみてはいかがでしょう。

こういうコーナー、どんなおウチにも必ずあると思うんですが、こういう作り付けの本棚というのはなかなか無いですよね。
なんでだろう?とちょっと考えてみたんですが、これもやはり「計画性」の問題なのかなと。
例えばアナタがお引っ越しをしたとして、家具をどうやって置いていくかというと、大抵の場合、まずは「部屋の角」からなのかなと。
で、家具というのは思いの外いろいろなモノがありますし、そして標準的な四角いお部屋には角は大体4つしか無く、しかも部屋の入口があったり何だりということを考えると、限られた角というのはどんどんと何かに専有されていってしまうわけです。
ひと通りの家具を置いた後で「さて棚でも作るかな」と思い立っても時既に遅し。
コーナーには空きは無く、作る棚もこんな棚では無い別の棚になってしまうというわけで。
この棚、下はしっかりとキャビネット収納やデスクを配置してしっかりと有効活用にしつつ、それと同じトーンで白い棚を作り付けているところが良いですね。
とっても効率的で、しかも機能的っぽくて好きです。
配色もポイントの一つなのかなと。
グレーの壁と白い家具&棚の組み合わせがシンプルでスッキリしていてとても良い雰囲気なんですが、そこにオレンジを持ってきているところがまたイイです。
白とグレーとオレンジって合うんですね。
落ち着いているのに、何だか気分を明るくしてくれる、そんな雰囲気に仕上がってると思います。
ちなみに、ご覧のとおり「オレンジ」は家具では無く小物の箱やベッドカバーで色を入れてあります。
こういう風にしておくと、色を変えたり足したりして遊んでみたりも出来て、更に色々と楽しめそうで良いですね。

【センスと思い切り】階段下が全部イカす棚



階段下に収納を作るというのは別に珍しくないでしょう。

階段下にニッチを作っちゃうというのも、それほど珍しくないでしょう。
でも、階段下をこんな風に思い切って全部「棚」にしちゃうというのはちょっと珍しいのでは無いかと。
こりゃいいですな。
「俺は中途半端には遊ばねえゼ!」みたいな潔さがあって、こーゆーの好きです。
こんだけ段があれば、アレもコレも飾り放題ですから。
下の方には料理本なんかも収納しておけて、趣味と実益を兼ねまくりです。
そうなんですよ。
別に、普通の収納にしちゃうならともかく、何となく洒落たくて細々とニッチ掘ったりするくらいだったら、思い切って全面を「ニッチよりも更にイカす棚」に仕上げちゃえば良いわけですよ。
ま、ニッチにはニッチの可愛らしい良さがあるといえばそれはそーなので、単純に比較するようなものでも無いとは思うんですが、こういう思い切りの良さってやっぱステキだと思うんですよね。
ちなみにこのおタク、こんな感じのディスプレイ棚もあったりします。
前面からも背面からもアクセスできるタイプの棚ですね。
コレが一体どんな場所に作られているのかといいますと、こちらのリビングの左側の壁面なんですね。
かなりワイド気味のレンズで撮っているらしく、最初見た時は別の場所かと思ったんですが、この2つの写真、同じ場所なんです(上の写真はリビングの外側から撮影した写真ですが)。
一枚目の正面から棚を撮影した写真や、ディスプレイされているものの感じからいっても、それほど長い壁じゃ無いですね。
恐らく1.5m〜2m弱。普通だったら、単純に壁を一つ作ってオシマイにしてしまいそうなトコロを、耐力壁的な部分を残しつつ、きっちりと棚に仕上げてしまっているわけです。
このセンスとこの思い切り。
どっちかだけでも、何とかして、いつか身につけたいものです…。
( via Kathryn Tyler )