タグ別アーカイブ: 収納

【区切ってあるのにつながってる】リビングの向こうの格子ガラスで囲われたラウンジルーム



こういうのはどうでしょう?

格子ガラスで仕切って開放的に閉じられたラウンジスペース2

リビングの一画を格子ガラスの壁とドアで仕切って、クローズドなのに開放的な、ちょっと変わったスペースを作り込んじゃってます。

 

ダイニング・キッチンから連なる細長いスペースの一番奥に、

突き当りに格子ガラスで仕切って作られたラウンジスペースのある細長いフロア

個室のようで個室じゃない、壁はあるのに隔たっていないスペース。

細長いフロアの突き当りに作られた、格子ガラスで仕切られたラウンジスペース

 

壁面には全面造作の本棚。書斎というのとも違いますし、リビングというよりかは、ゆったりと寛ぐためのラウンジスペースというような感じでしょうか。

格子ガラスで仕切って開放的に閉じられたラウンジスペース

こういう、「区切ってあるのにつながってる」的なの、良いと思うんですよね〜。

将来の自宅リフォーム用アイディアの1つとして、しっかりとストックさせていただきたいと思います。

( via SANCTUARY )

【落ち着いて眠れそう】低く緩やかな勾配天井の下のコンパクトなロフトベッドルーム



コンパクトでも、こういうベッドルームは、落ち着いてぐっすり眠れそうな感じがして良いですよね〜。

低く緩やかな勾配天井の下の大きな窓のあるロフトベッドルーム

低く緩やかな勾配天井の下の、独特の包まれ感のあるロフトスペース。壁一杯に作られた大きな窓もポイント高いです。

 

奥のスペースにはクローゼット。

天井の低いロフトベッドルームのクローゼット

こちらもそれほど大きな収納ではないですけれど、男性一人分くらいなら十分に収めておけそうなくらいの容量はあるでしょうか。

 

こちらのベッドルーム、ロフト的なスペースに作られてまして、下はこんな感じのリビング・ダイニングになってます。

ロフトの下のリビング・ダイニング

ロフトベッドルームの下のリビングスペース

 

上の写真をご覧になってお気づきになった方もいらっしゃるかも知れませんが、こちら、キャンピングトレーラーハウスなんです。

コンパクトなキャンピングトレーラーハウス1

コンパクトなキャンピングトレーラーハウス2

広さ8フィート×20フィートとのことですから、メートル法換算で2.4m×6m=14.4平方m≒4.36坪、9畳弱。数字でみると相当コンパクトなわけですけれど、内部はかなり充実してます。

 

キッチンは、壁付けの流しのスペースと、

キャンピングカーのシンク

 

対面に調理用のスペース。

キャンピングカーの調理コンロ

作業用のスペースがちょっと足りない気もしますけれど、そこらのワンルームマンションのキッチンよりかは使いやすいかも。

キャンピングカーのシンクとコンロ調理スペース

 

洗面&トイレ。

IKEAのアイテムを上手に使ったコンパクトな洗面所1

省スペースタイプのコンパクトなシンクはIKEAものでしょうか。壁付けのアコーディオンアームの鏡も同じくIKEAの、うちの自宅でも愛用しているFRACKというものだと思います。

IKEAものってこういう感じに使えるものが色々あって重宝しそうですよね〜。

 

ロフトのスペースがフロアの半分あるとしても、9畳×1.5=13.5畳。キッチン、バス・トイレまで含めてですから、せいぜい単身者向けの1LDK程度のサイズといったところなわけですけれど、一人暮らしでこれだったら十分ですし、夫婦+小さなお子様2人くらいまでだったら、4泊5日の旅行くらい、全然問題なくできちゃいそうです。

まあ、4人家族でここに住むというのは流石にちょっと厳しそうな気がしますけれど、ロフトやバスルームの作りなんかは、コンパクトなスペースを有効活用するためのアイディアとして参考にしてみたら意外と宜しいのではないかと。

これから家を建てたり、リフォームしたりするご予定のある方で、「スペースが足りないかも?」と悩んでいる方がいらっしゃいましたら、こういうコンパクトなトレーラーハウスを色々とチェックしてみるというのもありかも知れませんよね。

( via the tiny project )