タグ別アーカイブ: 収納

【実用性と遊び心】チェリーブラウンのキッチンとその奥のパントリー



もしも、キッチンに大きなスペースを割り当てることができるなら、こんなキッチンが良いですね〜。

チェリーブラウンのチェスナッツのキッチン

ゆったりとしたスペースに斜めにカウンターを配した、ちょっと変わったレイアウトが特徴的。

 

このキッチン、単にレイアウトが面白いだけじゃないんです。

奥の壁、冷蔵庫とオーブンの間の大きな扉を開けますと、その奥には…。

キッチンの収納扉の向こうに隠された広いウォーキングクローゼット風のパントリー

見た目からは想像できないような、かなりの奥行きのあるパントリーが隠されてるんです。この場所にこれだけのサイズの収納があったら相当便利に使えるのは当然として、家の中にこういう隠し部屋みたいなのがあるのって、ちょっと素敵じゃないですか?

これから家を建てるご予定の方で、「パントリーが欲しいな」とお考えの方がいらっしゃいましたら、キッチンにこんな感じの実用性と遊び心を兼ね備えたスペースを作ることを検討してみてはいかがでしょうか。

( via Marquis Cabinets )

【スペースの区切り方】リビング・ダイニングの間の白いフレンチドア



こちらのお宅のリビング・ダイニング・キッチン、作りがちょっと良いなと思ったのでご紹介させていただきたいと思います。

リビングとダイニング・キッチンの間には、透明感のある白いフレンチドア。

ガラスの白いフレンチドアで区切られたダイニング・キッチン

 

ダイニング側からのビュー。

ガラスの白いフレンチドアで区切られたリビングとダイニング・キッチン

壁面の造作収納の中心に、門のようにフレンチドアが埋め込まれた形になってます。

 

この作り、何気になかなか良い感じなのでは無いかと。

家のメインスペースであるリビング・ダイニング(・キッチン)を、一塊の大きな空間としてつなげて作って使うというのは1つのオーソドックスな案だとは思うんですけれど、実際に仕切りも何もない大空間のリビング・ダイニング・キッチンを作ってしまうと、冷暖房効率は悪いわ、音も臭いも全体に好きなだけ広がっていってしまうわで、現実的には色々と弊害も多いわけです(かくいう僕自身も、自宅のリビング・ダイニング・キッチンをそういう作りにしてしまったせいで、冬の時期の光熱費には毎月毎月目ン玉が飛び出っぱなしになっております…)。

その点、こうやってフレンチドアを使ってスペースを仕切っておくと、閉じていれば音や空気の流れはしっかりと遮りつつも、ある程度の開放感や採光は得られますし、1つの空間として使いたいときや風の通りが欲しいときになんかには開け放っておけばかなり大きな開口部を得ることもでき、さらに見た目もこの上なく可愛らしいというオマケまでついてくるという、至れり尽くせりな感じなのでは無いかと。

似たようなやり方で別のアイディアとしては、収納の後ろの戸袋に引き込まれていく引き戸という手もありますかね。でも、やはりフレンチドアの方が、開けて良し閉じて良しで、そこにドアがあるというこの存在感が良いかなと。あ、でも、開閉に必要になるスペースなんかのことを考えると引き戸の方が良い面もあるわけで、まあ、最後のところでは好みの問題になってくるんでしょうけれど…。

( via Dust Jacket )