タグ別アーカイブ: 暖炉

パラパ – 壁の無いオープンサイドのダイニング 



これは全く偶然なんですが、前回紹介したイギリスのパッシブソーラーハウスのサンルームに続きまして、今回は「夏に涼しい」パッシブソーラーハウス、メキシコ南西部のパラパ、壁の無い茅葺屋根の家のダイニングキッチンをご紹介したいと思います。

独身時代、良くインドネシアのバリ島にサーフトリップに行ったのですが、バリ島の安価なホテル、ロスメンなどにも、こんな感じのダイニングが設けられていることが多かったですね。
バリのホテルやロスメンは、大抵は中庭にプールがあって、そのプールを囲むように、こういったオープンサイドのダイニングが配されています。
朝食前にサーフィンに行って、帰ってきたらプールで泳いで潮を流して、そのままダイニングに入って朝食をとって、という感じで始まる一日が、とてものんびりとした良いリズムで、心も体もリフレッシュできた記憶があります。
話が脱線してしまいましたが、前回のイギリスのガラス張り屋根のロフトが、「冬の暖かさを求めたパッシブソーラーハウス」だとすれば、こちらのパラパは、「夏の涼しさを求めたパッシブソーラーハウス」の一例と言えると思います。
考えてみれば当たり前の事なのですが、パッシブソーラーハウスの様な、「その土地の自然環境をうまく利用する」住宅の特徴というのは、そもそもが、地域地域の持つ気候特性に応じて発展してきた伝統的な工法が実現する機能や特徴と似通っていたり、または同じである部分が多いのだと思います。
このパラパはラテンアメリカの伝統的な住居の一つなのですが、前回、イギリスのロフトのサンルームを見た時と同じように、この写真の撮られた場所、メキシコ ハリスコ州ヤラッパの気候を調べてみたいと思います。
ヤラッパにほど近い、同じハリスコ州の州都グアダラハラの気候を見てみますと、春から秋は平均最低気温は15度前後を上回り、平均最高気温は20度台後半から30度前後です。
平均気温が最も低い1月であっても、平均最低気温が10度前後、平均最高気温は24度前後と、冬の時期を含め、一年を通じて非常に温暖な気候であることがわかります。
また、降水量は、雨の多い6月から9月の4ヶ月間は月間200mm前後とかなりの量の雨が降り、それ以外の季節は月間で20mmを下回る程度にしか雨が降りません。
この様に温暖で過ごしやすい気候の中で、大きな庇によって南中高度の高い夏の太陽からの日差しを防ぎ、壁が無く通風の良い茅葺きの建物というのが、「暑さを遮る」住宅として重宝され普及してきた、という背景が良く理解できます。
これに対し、日本の気候について少し考えてみます。
日本列島は東北から南西に掛けて細長く国土が広がっていますので、同じ日本国内といえども、地域地域で気候区分も異なり、平均気温にもかなりの開きがあります。
その国土全体を考えてみても、沖縄などの南部の一部の地域を除いて冬はかなり気温が下がりますので、このパラパの様な住居を日本国内の住宅にそのまま適用するのは正直難しいかと思います。
ただし、「全く同じ目的、機能を求めて」用いるのでなければ、この様な様式の建物も、家の中の「面白みのある場所」として作り込むことは可能かもしれないです。
夏場は当然、その特徴である「夏涼しい」ダイニングとして利用することが可能ですし、例えば、関東以南の、冬でも日中の気温が5度から10度程度まで上がる地域であれば、ストーブや屋外暖炉などの暖房設備を併設することで、一年を通じて活用できる屋外ダイニングとして利用することは可能かもしれません。
日本の伝統的な建具である障子や襖を用いた囲い(壁)を作って置いて、夏場は開け放し、冬場は閉じて、ということによって気温の変化に対応する、というのも一つの手の様に思えますが、そうすると、まさに日本の伝統的な建物の建築スタイルに近い形になるわけです。
いっその事、ガラス張りのサンルームの様な屋根の上に、取り外せる様に萱葺き屋根をかぶせておいて、春先から秋にかけては茅葺屋根のパラパとして、冬場は取り外した茅葺き屋根を壁として用いて、茅葺き「壁」のあるサンルームにしてしまう、というのはどうでしょう(なんの検証もしていない妄想ですので…)。
Photo ©ehoyer

ガラスの薪



こちら、カリフォルニアのJEFF BENROTH GLASSのガラス製の薪なんですが、何とも涼しげな感じがいいですよね。
暖炉を使わない夏場、この薪を入れてライトアップしたら、炎とはまた異なる雰囲気で楽しめそうです。
暖炉に限らず、リビングの一画にコレをそのまま積み上げてライトアップしてみても面白そうです。
ウチの暖炉は前面が耐熱ガラスで覆われたクローズドなタイプのものなんですが、古くからある様なオープンなタイプの暖炉だったら、これを使ってみたかったですね。