フィンランドのビルトイン暖炉 前面耐熱ガラス



ここのところ、何件か連続で、「目黒通り沿いの家具屋さん」シリーズを書いてみましたが、引き続きまして、「様々な暖炉をご紹介」シリーズ、をやってみたいと思います。

暖炉,炎,ストーブ

暖炉は寒くなったからといって気軽に設置できるものじゃありませんが、季節柄、暖炉を検索してこちらのサイトにお越しいただくこともあるみたいなので・・・。
ウチの自宅にも暖炉がありまして、自宅に暖炉を設置する際には、暖炉と薪ストーブの違いだとか、暖炉のタイプによる違いだとかを少し勉強したんですが、正直言いますと、忘れてしまいました・・・。すいません・・・。
コレから暖炉に関する記事を何件か書いてくうちに、思い出す事、わかる事もあると思いますので、その都度書いて行きたいと思います。ご容赦いただけますと幸いです・・・。
で、まず第一弾ですが、こちら、フィンランド ヘルシンキ在住のTimoさんのご自宅の暖炉です。
白いペンキを塗った壁面に埋め込んである、ビルトインタイプの暖炉です。暖炉の背面には薪を置いておけるスペースが作ってあります。白い壁面と、真っ赤な炎のコントラストが良いですね。
ウチの暖炉も、白いペンキ塗りの壁面に埋め込んであるんですが、白いペンキだと、炭などで黒く汚れそうな感じですが、正直それほど(全く?)気になりません。炭で黒ずんでくるのも味のうち、という感じです。
前面には耐熱ガラスが埋め込んである、クローズドな機構の暖炉ですが、Timoさんのお宅では、前面のガラスを開けて、暖炉でソーセージを焼いたりもしてます。
内部を見る限り、ヨツールなどの既製品の暖炉ではなく、耐熱レンガを組んで前面に耐熱ガラス入りの扉を組み込んだ、手作りの暖炉の様です。北欧の方などでは、暖炉を手作りできる様な職人さんもいらっしゃるんでしょうか。
様々な暖炉をご紹介」シリーズ、これからしばらくやってみたいと思いますので、よろしくお願いします。
All Photos ©timo_w2s

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>