【通したり遮ったり】ガラスとカーテンで空間を仕切る



こちらのお宅、スペースの仕切り方がちょっと良いなと思ったのでご紹介させていただきます。

例えばリビング・ダイニングの一画に、壁で囲むんじゃなくて、こんな感じに格子ガラスとカーテンの組み合わせで区切ったスペースが作ってあったりするんです。

格子ガラスで仕切られたリビング・ダイニングの一画

 

書斎はこんな感じ。

格子ガラスで仕切られた書斎

 

ベッドルームもこんな感じになってます。

格子ガラスで仕切られたベッドルーム1

格子ガラスで仕切られたベッドルーム2

 

これ、なかなか良いアイディアなのではないかと思うんですけど。

 

防音という面では、普通の壁に比べたら確かにちょっと弱いかも知れませんね。

断熱や冷暖房の効率という意味でも、壁で区切られた部屋に比べたら決して効率良くはないでしょうし。

でも、壁も何もない素通し状態よりは当然格段に断熱/冷暖房の効率は良いですし、カーテンを厚手のものにしてみたり、厚手のガラスや複層ガラスなどを選んだりすれば、防音の面も含めて、かなりの効果が期待できると思います。

 

何よりもこの作りだったら、その日の気分や必要に応じて扉とカーテンを開けたり閉めたりすることで、光や空気を通したり、視線や音を遮ったりと、単なる壁で囲われた普通の部屋では絶対に実現できない色々なバリエーションをかなり柔軟に楽しめちゃうわけです。

こういうの、四季のある日本に、結構合ってると思うんですよね〜。

暑い夏、寒い冬に活躍してくれそうなのは当然のこととして、春や秋なんかの良い感じの気候なんかも、自然な感じで楽しめちゃいそうな気がしません?

 

後から手直ししたり取り除いたりするのも比較的自由に出来そうですし、リフォームやリノベーションをする際に使ってみたいアイテムとして引き出しの中のどこかにしまっておくと良いかも。

( via int2architecture )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>