【愛嬌のある優等生】真っ白な正方形タイルのバスルーム



こういうバスルームも素敵ですよね。

純白のタイルの敷き詰められた透明感のあるバスルーム1

真っ白な正方形のタイルが敷き詰められた、洗練された印象のバスルーム。

スミ入れされたかのような黒い目地が、タイルの存在感を際立たせてくれますね〜。

純白のタイルの敷き詰められた透明感のあるバスルーム2 

こういう縦横1:1の正方形が敷き詰められた風景って、スマートな中にも可愛らしさのようなものが感じられるような気がするのは私だけでしょうか。真面目で頭の良い、安定感のある優等生。だけど、格好良いというよりは、愛嬌のようなものをしっかりと兼ね備えていて、冷たい印象になり過ぎないバランスの良さのようなものを感じます。

 

このバスルーム、確かにとっても素敵ですけれど、これだけ上手にまとまった感じで作り込まれちゃうと、後から中途半端な棚とか、妙ちくりんなデザインの家電とかを持ち込むと、全てが台無しになってしまいそうな気もしますね。

当然、棚とか収納とかについては、必要にして十分なものを予め作り付けて置くのが必須になるんでしょうけれど、ここに持ち込んで使用する各種のアイテムにしたって、どんな色だったらこの中に入り込んでも許されるのかとかという話もありますし、そうすると、タオル1枚、歯ブラシ1本に至るまで、全てにおいて半端は許されないと言いましょうか何と言いましょうか…。

あ、でも、家というのは住んでナンボなものなわけで、こういうところにいきなりドラえもんのコップとかキティちゃんのヘアブラシとかが置いてあるというのは、それはそれでアリなのかも知れませんけどね…。

( via archilovers )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>