【将来は子供部屋にも】隠し扉の向こうの超コンパクトな書斎兼趣味の部屋



こういうのはどうでしょう。

隠し扉を開くと、その向こうには、こんな感じのコンパクトな隠し部屋が。

隠し扉の向こうのコンパクトな書斎とロフトベッド

奥行きのある細長い部屋の左右の壁には大きな造作の本棚、突き当りにデスク。その上にはロフトベッドまで作られちゃってます。

人知れず篭って読書に耽ったり黙々と作業に没頭するための、お父さんのための書斎兼趣味の部屋という感じでしょうかね。

 

家の中にこんな場所があったら良いですよね〜。幅2m×奥行き3mといったところでしょうか。わずか4畳足らずのコンパクトなスペースなわけですけれど、「別に広々してなくても大丈夫」どころか、こういったスペースって、狭ければ狭いほど居心地が良さそうな気がしません? 外界から完全に隔離されて、自分だけの世界に入り込めちゃいそうな感じ。

 

家を建てるときに、ほんの僅かなスペースでも「空き」を見つけることができたら、そこにこういうちょっと変わった面白いスペースを作り込んでおくというのも宜しいのでは無いかと。

これだったら、将来、子供が大きくなって、「個室が足りない問題」が起きたときにも、ちょっとリフォームを入れれば子供部屋としても十分に使えちゃいそうですしね。

そこまで考えるんだったら、本当に小さくても良いので、どこかに窓を作っておくことと、収納スペースが必要になった際に、どこかを収納に作り変える方法、それから、エアコンを取り付けるためにはどうしたら良いか、くらいを考えておいた方が良さそうですけれど。

( via Experiments & accidents )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>