【空を見上げて寛ぎたい】大きな天窓付きの開放的な和風ロフトスペース



こういうスペース、家を建てるときに作りたかったんですよね〜。

天窓付きの開放的な和風ロフトスペース1

3畳の畳敷きの、天窓付きの開放的なロフトスペース。

ここで家族みんなでひなたぼっこしたり、ときにはお父さん1人でゴロゴロしながら読書に耽ったり。夜になったら、夜空を見上げながら夫婦2人で晩酌なんてのも素敵ですし、その派生系で、気のおけない友人たちと車座になってゆったりとした時間を過ごすなんてのも良さそうですね〜。

 

このスペース、こちらのお宅では、リビングからこんな感じの階段で上がった先に作り込まれてるんですけれど、

天窓付き和風ロフトスペースに上がる階段

(当然この作りはかなり素敵だとは思いますが)例えばリビングの一画に、周囲よりも少しだけ高いスキップフロア状のスペースを作っておいて、そこにこんな感じの「和」な空間を、というパターンとかもありかなと(実は、うちの自宅を建てる際には、そういう感じで作ろうと思ってました。思ってて、建築家さんともそんな話で盛り上がってた記憶もありますが、いつの間にか皆すっかり忘れ、そのままという…。大事なことは必ずメモっておかないといけませんよね…)。

 

こちらのお宅、建築家のご主人とデザイナーの奥様が、自分たち家族で暮らすために設計して建てたものでして、建っているのはスコットランドの首都・エジンバラ。その割には、あまりにも完璧に「和」な感じに仕上がっているのは何故なのかと言いますと、奥様は日本の方なんだそうで。

天窓付きの開放的な和風ロフトスペース2
子供部屋的なスペースとして使うというのものありですね。

天窓付きの開放的な和風ロフトスペース3

 

ちなみにこちらのお宅、1階のリビングには、こんな感じの掘りごたつ的なスペースも作り込まれてたりします。

掘りごたつのあるイギリスの家のリビング

日本から遠くはなれているからこそ、こういうものが、より恋しくなるのかも知れませんけど、そういえば、超しゃれしゃれなお宅を建てたある先輩の家のリビングにも、昨年リフォームした義父母の家のリビングにも、モダンな空間に何の躊躇もなくこたつが置かれてたような…。

うちも来年の冬は真剣にこたつの導入検討してみようかな(そういえば去年も一昨年もそう思いましたが、こういう大事なコトを、メモっておかないから暖かくなるとすっかり忘れるわけです)。

( via dwell )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>