【北欧と和風の組み合わせ】障子で仕切られた向こうの白基調のベッドルーム



廊下の突き当りの障子をするするっと横に引くと、そこには白基調でまとめられたインテリアのベッドルーム。

障子の向こうのベッドルーム_[0]

ものすごく落ち着いているのに遊び心も感じられるこの感じ、ちょっと素敵じゃないですか?

 

こちら、スウェーデンの不動産販売のWebサイト、”Stadshem”で実際に取り扱われている物件のベドルームの写真なんですけれど、この北欧インテリアと和の組み合わせ、不思議なくらいに違和感なくマッチしてくれちゃっている感じがしますよね。

障子で区切られたベッドルーム_[0]

 

このベッドルームの中に溶け込んだ障子をじっと見つめていると、木と紙で作られたこの建具は、もしかして、もともとものすごく北欧的な要素を持ちあわせていたのではないかという気さえしてきます。

 

スペースを区切る方法って色々あるわけですけれど、これはこれでなかなか良い感じなのではないでしょうか。

確かに、しっかりとしたドアと比べれば、防音/断熱といった機能の面では「足りない」と思わさせられてしまう部分もあるかもしれませんけれど、その「閉じてあっても完全に仕切り切っていない感じ」が、場合によってはベストの選択肢になるということもあると思うんですよね。

これから家を建てたりリフォームするご予定のある方、家の中の仕切り方の選択肢の1つとして、「障子」も引き出しの中に入れておくと、ちょっと面白いアイディアにつなげることができるかも知れないかなと。

( via Stadshem )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>