【裏庭の寛ぎスペース】リサイクル材で作った秘密基地的な離れ小部屋



自宅にこんなサンルーム的なスペースがあるの、ちょっと良くないですか?

廃材とリサイクル物流パレットとポリカーボネート板で作ったコンパクトな離れのサンルーム

幅1.5m×奥行き2.5mといったところでしょうか。端材を集めて組み立てたような素朴な軸組にポリカーボネードの波板で屋根をふいただけのシンプルな作り。コンパクトですけれど、このこじんまりとした感じがまた、ものすごくリラックスして寛げそうな感じ。

春や秋の、暑からず寒からずなちょうど良い季節に、ポリカーボネート越しに差し込む木もれ陽的な感じの柔らかい光の下で、コーヒー片手にのんびりと読書とか、暖かい小春日和的な冬の午後、ここでポカポカひなたぼっことか、想像するだけでもちょっと気持ち良くなってくるような気がします。

廃材とリサイクル物流パレットとポリカーボネート板で作ったコンパクトな離れのサンルームのベッドを下から

 

実はこちら、アメリカ ボストン在住のデレクさんという方が、不要になった物流用のパレットや廃材、4×6材などを使って、わずか200ドルで作り上げたものなんです。

廃材とリサイクル物流パレットとポリカーボネート板で作ったコンパクトな離れのサンルームの外観

デレクさんは、幼い頃から、こういった裏庭の隠れ家的スペースをいくつもいくつも作ってきたんだそうです。

古くなった物流パレットを使用した家具というと、今までにも、ローテーブルとか屋外用のソファとか、そういったものは何度も見たことがあったんですけれど、人が中に入れる離れ的なものを作ってしまうというのは初めてみました。これはなかなかおもしろいアイディアですよね。

廃材とリサイクル物流パレットとポリカーボネート板で作ったコンパクトな離れのサンルームで寛ぐ

倒壊の危険性とか耐久性とかを考えるとちょっと怖い気もしますけれど、実際にはそれほど重いものでもないですし、筋交いとかをしっかりと入れて、簡単には歪まない構造を考えて作れば意外とイケるかも。「庭に離れを作る」なんていうとかなりハードルが高い感じになっちゃいますけれど、こんな感じの「ちょっとした秘密基地」的なスペースだったら、日曜大工でなんとかできそうな気がしますもんね。

こういう中古のパレット、日本でも1枚1,500円くらいから売ってますし、いまどきはネットでも手に入れることができますから、ご興味のある方はぜひDIYでチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

( via The Daily Mail Online )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>