タグ別アーカイブ: クローゼット

空間を自由且つ有効に活用するための多目的ボックス



こういうの、なんて言うんでしょう?

「多目的ボックス」とでもいうんでしょうか。たまに見かけますけれど、家具でありながら空間でもあり部屋でもあるという、この自由且つ機能満載な感じが面白くて良いですよね〜。

オールインワンの収納&クローゼットボックス

前面には、テレビやビデオなんかの家電類と、各種メディアや本などを収納しておけるような棚。

オールインワンの収納&クローゼットボックスの前面には棚

 

その脇には、衣服や靴類を収納しておけるクローゼット。

オールインワンの収納&クローゼットボックスの前面には服や靴の収納

 

上部はロフト的なスペースとしてそのまま使えて、スペースをより有効に利用することが出来ます。

オールインワンの収納&クローゼットボックスの上部は寛ぎスペース

サブのベッドエリアとして使っても良いですし、ゴロゴロと寛いで過ごしたり出来る多目的スペースなんかにしても面白そうです。

 

ボックスの内部には、側面の扉から入ります。

オールインワンの収納&クローゼットボックスは内部にも入れる

 

内部はウォーキングクローゼット的なスペース。

オールインワンの収納&クローゼットボックスの内部はウォークインクローゼット

嵩張る大物やごちゃごちゃしたものの収納スペースとして使っても良さそうですし、デスクと椅子を設置してコンパクトな書斎にしてみたり、周囲に簡易な防音加工を施して、楽器演奏用のミニスタジオなんかにしてみても面白いかも知れませんね〜。

 

収納スペースを増やしたかったり部屋を追加したかったり、家のレイアウト変更やリフォームをする目的は色々あると思いますけれど、既存の環境に手を入れるのでは無くて、こういう「多目的ボックス」みたいなのを作り込んで、新たな機能と空間をセットで追加してしまうというのも、なかなか面白いやり方の1つなのでは無いかと。

( via homedit )

【何でも気軽に無造作に】日常使いの作り付け巨大収納



こういう大きな収納棚、家の中に1つ作っておくと何かと便利でしょうね〜。

汎用的に使える巨大な収納棚

幅3m×高さ3mといったところでしょうか。これだけの収納力があれば、ボックスファイルや雑誌、カメラにブーツ、大型の収納ボックスまで、家庭の中にある色んな種類の嵩張るものを全部まとめて収めておけそうです。

 

こういう棚、使い勝手を良くするためには、このくらいの十分なサイズがあることもさることながら、作る場所も結構重要だろうなと。

無造作に色んな物をポンポンと置いておける気軽さを実現するためには、基本的に、外部からの来客者の目に簡単に触れないようなエリアに設置されている必要があるわけですけれど、それはつまり、玄関〜リビングダイニング間の動線から多少なりとも外れた部分ということでもあるわけです。

でも、こういった、すぐにものが取り出せるようなオープンな棚に置いておきたいものって、比較的利用頻度の高い、使ったりしまったりを日常的にしたいような系統のものが多いのかなと。

そういう使徒の棚を、メインの生活動線から外れた奥まった場所に設置してしまうと、一気に使い勝手が落ちちゃうと思うんですよね。

 

1つの折衷案的なやり方としては、メインの動線につながる支線的なものを作るという方法もあって、例えば僕の家では、駐車場の後ろ側にこんな感じ(もっと小さいですが)の収納棚を作りつつ、その脇に玄関とは別の入口をもう1つ作って、そこから屋内に入れる動線を確保してあるんですけれど、そうすると今度は動線が2つに分かれてしまうので、それはそれでやはり使い勝手がイマイチだと感じることがあります。

じゃ、どうするのが良いのか言われても、今考えても、「これがベストなレイアウトだ」といえるプランというのは中々難しいんですけれど…。

もしかすると、出入口が2つある、「ウォークスルークローゼット」的な作りのスペースを作って、その中にこんな感じの収納棚を収めつつ、そのクローゼットをメインの動線と並列に並べてもう1つの動線として使えるようにしておくと、動線は限りなく1つに近い形しつつ、用途に合わせて2つの動線を選択できるようになるので、使い勝手も確保しつつ、ココらへんの色々な問題も解消できるようなレイアウトにできるのかも。

今度時間を見つけて、こういうテーマを意識しつつ、使い勝手の良さそうな収納スペース/クローゼットの写真を探してみようかな。

( via 79 Ideas )