タグ別アーカイブ: コンパクト

【頭上と空中の活用】おもしろさのある8畳弱の狭小ワンルーム



こちら、ポーランドのとある狭小住宅なんですが、アイディアや作りがいろいろとおもしろいかなということで、ちょっとご紹介させていただきたいと思います。

広さわずか13平米≒8畳弱、細長いスペースの玄関側サイドには、かなり存在感のあるボックス状の造作クローゼット。

8畳弱の狭小ワンルームのロフトベッドルームとその下のキッチン

 

開けると中には、洗濯機まで入ってます。

8畳弱の狭小ワンルームのロフトベッドルームとその下のクローゼットを開けたところ 洗濯機入り

 

クローゼットの上が、ロフトのベッドルーム。

8畳弱の狭小ワンルームのロフトベッドルーム

1人で寝るには十分過ぎるくらいの広さです。頑張ればダブルベッドサイズのマットレスも入りそうですけれど、寝返りをうったときに落ちたりしたら怖いですから、このサイズに収めておくのが無難ですかね。

 

ロフトの下はキッチン。極限まで小さいこのスペース、決して使い易くはないとは思いますけれど、引き出し式の作業カウンターのお陰で、ちょっとした料理だったらなんとかなりそうです。

8畳弱の狭小ワンルームのロフトベッドルームの下のキッチンの引き出し式作業スペース

 

そして、キッチンの右脇がトイレ&バスルーム。

8畳弱の狭小ワンルームのロフトベッドルームとその下のクローゼットの向こうのバスルーム・トイレ

 

居室に戻りまして、部屋の奥のエリアには、ワークデスク&PC。

8畳弱の狭小ワンルームの勉強机

 

 

ワークデスクは伸長式。脇を伸ばしてPCをどかせばダイニングテーブルに。

8畳弱の狭小ワンルームの勉強机からPCをどかして、机を広げるとダイニングに

 

そして、ワークデスクの奥にはハンモック、壁には自転車が吊られてたりして。

8畳弱の狭小ワンルーム ハンモックあり 壁掛け自転車ラックあり

この狭さの中にソファを置くのはかなり厳しいと思いますけれど、これだったら大丈夫。たまには椅子じゃないところでちょっと一息つきたいこともありますから。これって別に狭小住宅だけに限った話じゃないんですけれど、ロフトといい自転車&ハンモックといい、「頭上&空中」をいかに上手に使うかって、スペース有効活用の大きなポイントなんですよね。

 

それにしても、8畳って、ワンルームの中でもかなり小さい部類に入るサイズじゃないですか。 昔、大学時代に、そのくらいの広さの部屋に住んでいる友人がいましたけれど、「玄関開けるとそこに小さな部屋が1つあってそれで終わり」という感じで、とてもじゃないですけれど、「自宅スペースを楽しむ」みたいなのとは程遠かった記憶があります。そこをこれだけのスペースに持って行ってるわけで、これはなかなか素晴らしいのではないかと。

 

狭小住宅の作りとかアイディアって、普通の一軒家とかでも、いろいろと応用できる部分があると思うんですよね。書斎やワークスペース、子供部屋あたりだと、まんまアイディアを流用できる部分もあると思いますし、「ソファの替わりにハンモック」みたいなアイディアが「いいな」と思えば、じゃあ、家を建てる際に、リビングやダイニングの壁に、耐荷重を確保したヒートンでも埋め込んでおくか、ということになって、そのヒートンがまた別の使い方もできて…なんて感じで、家の中におもしろいスペースが増えていってくれたりするのかなと。

それにしても、こういうアイディア見つけるたびに、僕の自宅にも盛り込みたいなと思ってストックに入れるようにしてるんですけれど、アイディアはどんどん集まるんですが、実際に盛り込むほうが追いつかないんですよね…。まあ、コツコツと少しずつDIYしてくしかないんでしょうかね…。

( via DESIGN MILK )

【子供部屋やリーディングヌックにも】勾配天井の下を上手に区切って作った半個室



勾配天井の下を上手に区切って作った、こういうスモールスペースはいかがでしょうか。

ロフトの勾配天井の下のスモールベッドルームまたは子供部屋、リーディングヌック

カーテンの向こうの小さなベッドルーム、というか、リーディングヌック的な感じですかね。家の中にこんな感じのスペースがあるの、ちょっと素敵ですね〜。

書斎やワークスペース、お子さんがまだ小さいうちの、「部屋とまではいかないような、半個室的な子供部屋」みたいな感じのスペースとして使うのもありかもしれませんよね。

 

結構イカすなと思ってよくよく調べてみたら、こちらIKEAのスモールスペース・ソリューション的なプランの紹介写真だったりして。

そういわれてみれば、このカーテンレール、どこかで見たことがあるような…。

うちの自宅のリフォームプランとしても、こんな感じのアイディア、候補の1つに入れておきたいと思います。

( via IKEA )