タグ別アーカイブ: コンパクト

【居心地最高なヌックスペース】包まれ感のある天窓の下のコンパクトなリビング



こちらのリビング、ちょっといい感じだなと思ったのでご紹介させていただきたいと思います。

アースカラーのインテリアと観葉植物の深い緑が絶妙にマッチした落ち着きのあるコンパクトなリビング

観葉植物の深い緑と、アースカラー基調の落ち着いた雰囲気のインテリアの組み合わせ。自宅にこんなスペースがあったらいいですよね。

実はこちら、個人のお宅ではなく、パリのセーヌ川南岸の13区、イタリー広場から北東へ2ブロックの位置に建つ”C.O.Q Hotel Paris”のゲストルームのリビングスペースなんです。

 

先ほどの一画だけでもかなり素敵なんですけど、その脇にはさらにこんな感じのスペースが作りこんであったりして。

ロフトのガラスルーフの下の包まれ感のあるコンパクトなリビングスペース

幅2mちょいといったところでしょうか。両サイドを壁に挟まれた、天窓の下のコンパクトなスペースに、座り心地の良さそうなソファを置いて。この包まれ感のあるこじんまりとした感じ、この上なくリラックスして過ごせちゃいそうじゃないですか?

アースカラーと観葉植物がマッチした包まれ感のあるコンパクトなリビングスペース

先ほどの椅子の置かれたエリアまで含めても、5m×2m≒3坪6畳くらいですかね。こういうの見ちゃうと、ほんのちょっとしたスペースが確保できて、そこに自分の好みを少しづつ丁寧に盛り込んでいくことさえできるなら、自宅に何十畳ものの広々リビング・ダイニングなんか全然必要ないんだなと改めて思っちゃいますよね。

スペースにそこまで余裕はないけれど、自宅に落ち着いて寛げるスペースを作りたいけれど、正直スペースに余裕がなくて…とお考えの方がいらっしゃいましたら、こんな感じの居心地最高なヌックスペース、参考にしてみてはいかがでしょうか?

( via ALICEPOINT )

【分解/移動可能な箱型コンパクトハウス】旅先まで持ち運べるロフト付きワンルームの離れ



真っ黒なサイコロのような不思議なこちらの物体、Behanceで公開されていたコンセプトハウスなんですけれど、ちょっと面白いなと思ったのでご紹介させていただきたいと思います。

箱型のコンパクトハウス”Micro House”

 

1辺約4mの立方体に近い形状の躯体の中に、2フロア合計約22平方mのスペース。

箱型のコンパクトハウス”Micro House”の2階に上がる階段 下は収納スペースに

 

1階はリビング・ダイニング・キッチンとバスルーム。

箱型のコンパクトハウス”Micro House”の1階のダイニング・キッチン

縦4m×横4mで16平方m。フロア全体で約10畳弱程度の広さ。でも、玄関&階段とバスルームを除いたリビング・ダイニング・キッチンエリアだけだと、その半分の5畳程度ということになりますから、かなりコンパクトな感じでしょうかね。

箱型のコンパクトハウス”Micro House”のフロアプラン1階

 

2階部分はロフト的なワークスペース付きのベッドルーム。

箱型のコンパクトハウス”Micro House”の2階のロフトベッドスペースとワークスペース2

こちらも1フロアの半分くらいですから、同じく5畳程度といったところの広さ。

 

この建物、説明を読む限りでは、「4人が1ヶ月生活することができる」ということになってるんですけれど、このロフトのベッドルームだけだと、どうみても大人2人+アルファくらいまでで限界なのでは…?

と思っていたら、1階のリビングのソファがこんな感じにベッドになってくれちゃいまして、ここであと2人寝られるようになるんだそうで。

箱型のコンパクトハウス”Micro House”のリビング&来客用ベッド

 

この作りだと、4人とはいっても、組み合わせはちょっと考えないとダメですかね。

箱型のコンパクトハウス”Micro House”のフロアプラン2階

雑魚寝OKの男子大学生仲良し4人組でも、男同士でダブルベッドはちょっと嫌でしょうし、仮にそれに耐えられても、1ヶ月もいたら、それなりに殺伐とした雰囲気にはなっていくのではないかと。中にB型の人とかがいたらさらに困るでしょうしね(B型の方、スイマセン…。偏見です。完全なる偏見ですが、身近なB型の人がことごとくアレな感じなもので…)。カップル2組でも、この空間で1ヶ月間ずっと寝泊まりするのはちょっと厳しいでしょうか。

でも、夫婦+子ども2人の4人とか、大人2人で上下1フロアずつに分かれてとかだったら、1ヶ月と言わずもっと長期間でも大丈夫かも。

 

しかもこのお宅、「分解して運んで使える旅行用の家」ということになってまして、「海や山、湖畔なんかに持って行って好きな場所に設置して、ここを拠点に休暇を過ごす」的な使い方を想定してるんだそうで。

実際問題としては、どうやって運ぶのかという点が最大のネックになりそうな気がしますけど、こういうのホントにあったら、ドラえもんの長編映画シリーズなんかで未開の地的なところに冒険に行く際に出てくる「秘密道具の家」みたいで、なんだかちょっと素敵かなと。

宅急便で送れるとか、それはさすがに無理でも、ピックアップの4WDとか2tトラックで運べるレベルにまで解体できるようになってたら、「いつもは庭に置いて離れとして使っておいて、中長期の休暇の際には分解して目的地に運び込んで」みたいな感じで使えるかも。

海沿いの高台とかに設置して、サーフキャンプ的な感じの夏休みを過ごしてみたり、北海道のどこか、例えば札幌の郊外あたりにでも設置して、そこを拠点に観光して回ったりニセコのスキー場に毎日通い詰めたり、みたいな感じで過ごしたら楽しいでしょうね〜。

躯体に大型のバッテリとかを入れておいて、車のダイナモとかハイブリットカーのバッテリとかとつなげて充電できるようにしておいたりしたら、災害時の非常用設備としての用途にも使えるようになったりして、さらにいろいろな使い方も考えられそうな気がします。

こういう楽しげなのを見ると、思わず夢物語の妄想がどんどん膨らんじゃいますね。まあ、日本だと、そもそもそういうことをさせてもらえる土地自体がなかったり、こまごまとした規制にいちいち引っかかってきたりとかで、こういう感じのものは現実的には厳しいんでしょうけどね…。

( via Behance )