タグ別アーカイブ: スキップフロア

【立体的な空間の広がり】スキップフロアの上のリビング



こちらのリビングの作り、ものすごく素敵じゃないですか?

2段に分かれた中二階のセカンドリビング富士1

上のフロアへと上がっていく階段の途中にスキップフロア的なセカンドリビングを設けることで、単純に平坦な1つのスペースとして使用するよりも、立体的な広がりのある面白い空間を作り上げることが出来てますよね。

2段に分かれた中二階のセカンドリビング富士2

 

実はこちら、東海地方を中心に注文住宅事業やリノベーション事業を手掛ける考建さんという会社のモデルハウスの中の写真なんですけれど、こんなリビング見させられたら、思わずリフォームの相談とかしたくなっちゃいそうです。

 

こちらは同じく考建さんの、浜松にあるモデルハウス。

2段に分かれた中二階のセカンドリビング浜松2

2段に分かれた中二階のセカンドリビング浜松1

やはり同じように、スキップフロアを使った立体的な広がりのある空間の作り込み。良い感じです。こういうのを得意とする会社さんなんでしょう。

スキップフロアの上のセカンドリビングはこんな感じ。

2段に分かれた中二階のセカンドリビング浜松3

ここがメインのリビングでも十分ですけど。

セカンドリビングの上から、下のリビング・ダイニング・キッチンを見下ろした風景。

2段に分かれた中二階のセカンドリビング浜松の上のリビングから

 

こんな感じの、ラフに使えそうな収納小屋なんかも作ってあったりして。

離れの多目的作業スペース兼収納小屋 浜松

これだけの容量があれば、家族みんなの遊び道具やアウトドア系の各種アイテムも全部まとめて収納しておけますね。工具類と作業デスクを用意しておけば、単なる収納スペースとしてだけでなく、本格的なDIY用多目的作業スペースとしても使えそうです。

 

ちなみに、名古屋にもモデルハウスがあります。

2段に分かれた中二階のセカンドリビング名古屋東1

2段に分かれた中二階のセカンドリビング名古屋東2

作りはちょっと異なりますれど、やはりスキップフロア。

 

こちらのお宅、あくまでモデルハウスなんですけど、見ていて夢が膨らむ感じがして、何だかとっても楽しい気分させられちゃいますよね〜。

海が好きなもので、いつの日か自然豊かな場所に移住することができるとしたら海の近くにという気持ちが強かったんですけれど、こちらのモデルハウスを見てたら、こんな家を山の近くに建てて、収納小屋に収めた道具を引っ張り出しつつ、1年を通じて山や川に通って遊び続けるというのもありな気がしてきました。

今度、こっちの方に出かける機会があったら、ぐるっとまわって実際の建物の中も覗いてみたいですね。

( via Pinterest “kouken bino” / BinO KOUKEN )

スリット窓と中庭でつながるワークスペースとリビング



こちらのワークスペースの雰囲気、ちょっと良い感じじゃないですか?

隣接するリビングと内窓でつながるワークスペース1

幅3mくらいはありそうな広々としたデスクに加えて、作業専用のワークデスクがもう1つ。

 

作業用デスクの壁面は、全面が有孔ボードの収納に。

壁面全体が有孔ボード収納になっているワークスペース

工具から細かいパーツ類まで、ありとあらゆるものが、さっと手を伸ばして取れる範囲に整然と収めておけちゃいます。壁面全面が使えますので、将来的に道具が増えていっても、ちょっとやそっとでは収納スペース不足に陥ることが無さそうなのも魅力的ですね〜。

 

このワークスペース、単純に作業エリアとしての使い勝手が良さそうなところも当然素晴らしいんですけれど、この窓の作りがまたちょっと良いんですよ。

メインの作業デスクの正面、目線の高さに作られている、横に細長〜いスリット窓。

隣接するリビングと内窓でつながるワークスペース2

作業をしながら、ちょっと一息ついた瞬間に目線を上に上げるとそこに窓がある、というだけでも、気分的には相当良い感じだと思うんですけれど、それだけじゃないんです。

 

この窓の向こうは、実は、リビングとの間の中庭になってまして、

リビングとワークスペースの間の中庭1

 

ワークスペースに篭って作業をしながらにして、中庭やその向こうにいる家族と、お互いの様子が何となく感じ取れてしまう、付かず離れずの絶妙な距離感。

リビングとワークスペースの間の中庭2

下はリビング側からの風景。ちょっと分かりづらいですが、ワークスペースの方がスキップフロア的に4〜50cmほど低くなってまして、リビング側からは、ワークスペースを若干見下ろすような感じになっています。

リビングから中庭とその向こうのワークスペースを望む

同じ家の中なのにちょっと隔たれられた空間になっていて、でも、完全に隔絶されているわけでも無く、お互いに緩くつながっているこの感じ。こういうの、良いと思うんですよね〜。

 

ちなみに、リビングとワークスペースとの間の行き来は、中庭経由ではなくて、脇の通路から。

中庭の向こうにワークスペースのある家の図面

「一度外に出てから」というのも、別の空間に出て行く感じがして悪くないような気もしますけど、雨が降ったら困りますもんね。

 

中庭のあるお家を建てたいかな、とお考えの方がいらっしゃいましたら、単純に庭を作るのでは無く、中庭のあっちとこっちで、「何か」を隔てたりつなげたりすることを色々と考えてみると、面白いものを見つけることができるかも知れません。

( via Home DSGN )