タグ別アーカイブ: ダイニング

【スペースを上下で使いまわす】2つのロフトのあるリビング・ダイニング・キッチン



ある程度の天井の高さが確保できて、そこに吹き抜けやロフトのある家を建てるんだったら、こんなのも面白いかもしれませんよね。

こちらのお宅、リビング・ダイニング・キッチンの脇に梯子が掛けられてまして、

キッチン脇に掛けられた、ロフトに上がるための梯子

 

梯子を上った先は、こんな感じのロフトのワークスペースが。

ベッドエリアの逆側のロフトはワークスペース

 

ところが、この逆側にも、やはり同じような梯子が掛かってまして、

ベッドエリアのロフトの下はリビングスペース

 

こちらにはロフトのベッドルーム。

リビング・ダイニング・キッチンの上のロフトのベッドルームとその下のリビング

 

天井の高いリビング・ダイニング・キッチンの左右両サイドに、それぞれロフトが作られちゃってるんです。

左右に2つのロフトのあるリビング・ダイニング・キッチン

 

こちら、アメリカ カリフォルニア州のウッドベリー大学の大学用の施設として設計された物件でして、360平米の広さのスペースに8個のユニット、1ユニットあたり40〜54平米程度の広さを割り当てまして、そこにリビング・ダイニング・キッチン+2ロフトという変則的なスペースを作り込んじゃったんだそうで。

ロフトとロフト下のスペースが各2つ、一部屋の中に、独特の雰囲気があって面白く使えそうなスペースが合計4つもあるなんて、ちょっといいですね〜。

こちらのお宅のように、片側をベッドルーム、片側をワークスペース、という感じで使うのも良いと思いますし、書斎や子供部屋、子どもたちが成長したあとで必要となる個室など、ライフステージにあわせて、少し手を入れつつ家族で使いまわすというのも宜しいのではないかと。

 

これから家を建てるご予定のある方で、広くて天井の高いリビング・ダイニングを作れるという幸せなお方がいらっしゃいましたら、こんな感じに2つのロフトのあるリビング・ダイニングというのも候補の1つに加えてみてはいかがでしょうか?

( via dwell )

【リビングよりもキッチンを】巨大なカウンターテーブルと充実した収納スペースのあるダイニング・キッチン



こちらのお宅のダイニング・キッチン、ちょっといい感じだなと思ったのでご紹介させていただきたいと思います。

巨大な収納と巨大なカウンターテーブルのある使いやすそうなダイニング・キッチン2

 

幅約4m×奥行き5m、30畳以上もの広さのある大空間のダイニング・キッチンの中央には、幅3m以上、大人4人が横に並んで食事をすることもできる、ゆったりとしたアイランドカウンター。

巨大な収納と巨大なカウンターテーブルのある使いやすそうなダイニング・キッチン

 

当然こことは別に、手前のエリアにメインのダイニングスペースも作り込んであります。

ダイニングエリアの脇の壁は一面造作の本棚と収納棚

側面の壁は一面造作の本棚と収納。ダイニング・キッチンにこのくらい余裕のある本棚があると、お料理関係の本なんかもいろいろと置いておけて便利そうですよね。

 

キッチンエリアの奥の壁面には、大物調理器具専用の収納スペースが。

巨大な収納と巨大なカウンターテーブルのある使いやすそうなダイニング・キッチン 奥の棚には大物調理器具などが全てまとめて収納可能

巨大な収納と巨大なカウンターテーブルのある使いやすそうなダイニング・キッチン 奥の大物器具用収納棚

こういう調理器具類って、かなり嵩張る割りには必ずしも毎日使うわけでもなかったりして、だからといってキッチンから離れた場所にしまいこんだりすると途端に使い勝手も悪くなりますし、結構扱いに困ったりするんですよね。その点こんな感じに、キッチンの一画にまとめて収めておけるようになっていると、使いたいときにサッと出して使って、使い終わったらまたすぐに定位置に戻して、という感じて使えて宜しいのではないかと。

 

逆サイドの冷蔵庫とオーブンの間には、こんな感じの調味料専用の収納棚が作り込まれてたりもします。

巨大な収納と巨大なカウンターテーブルのある使いやすそうなダイニング・キッチン オーブンと冷蔵庫の間には奥行きのある調味料専用の収納棚

 

このくらい収納が充実してると、何をするのもやりすいでしょうね。

元のスペースが30畳以上という恵まれた環境だからこそ、こんな感じにかなり余裕を持った収納を作れるわけですけれど、キッチンというのは毎日何時間もの間、作業を行う場所であり、そして各種の道具類を収めておく収納場所でもあるわけで、作業スペースと収納にはできるかぎり余裕を持たせて理想的な形で収めておけるようにしておきたいですよね。

「広々したリビング」も当然良いとは思いますけれど、もしも各種のエリアに割り当てるスペースにそこまで余裕がない、という場合には、もしかすると、「こじんまりとした、ほどほどに居心地のよい小さなリビング」と「広々として使い勝手の良いダイニング・キッチン」の組み合わせというのも選択肢としてはありなのではないかと。

まあ、ホントは、「どのエリアも広々と余裕のあるリビング・ダイニング・キッチン」が一番いいとは思うんですが、世の中、そうそう上手く行くことばかりじゃないですしね…。

( via BUNKER WORKSHOP )