タグ別アーカイブ: リビング

南カリフォルニアの屋外暖炉



色々な暖炉ご紹介シリーズ、第十一弾は、アメリカ 南カリフォルニアの屋外暖炉2点を紹介します。

ます1点目、南部カリフォルニア、オレンジカウンティの屋外暖炉です。
1階の、庭に面した屋根付きベランダの一画に、天然石で覆われた暖炉が埋め込まれています。
昼間は日の光が降り注ぎ、夜は暖炉の明かりが周囲を照らす、という感じでしょうか。
とても上品で落ち着いた寛ぎの空間を造り上げていると思います。
この暖炉、よく見ると背面側が無い様ですね。夕暮れに暖炉に火を入れたら炎の向うに景色が見えるというのは、相当面白いと思います。
続きまして2点目はこちらの暖炉です
乳白色の土で覆われた暖炉に炎が美しく映えます。
同じく南カリフォルニア、Robert E. Taft Landscape Architectureが作った暖炉です。
ゆっくりと食事をとったり寛いだりするためのパティオに、とても柔和で柔らかい印象を持った暖炉が、自然と溶け込みつつもしっかりとした存在感を放っています。

屋外暖炉というとちょっと変わった設備なのかと思っていましたけれど、国や地域によってはそれほど珍しく無いのかもしれません。
カリフォルニアの気候は、北部と南部、沿岸部と内陸部で随分と変わってくるのですが、例えばロサンンゼルスは冬の平均最低気温が10°前後、夏の平均最高気温が28°くらいです。僕も何度かサーフィンをしに行った事があるんですが、カラリとした気候でとても過ごし易い印象があります。
こういった気候であれば、夏の涼しい夜でも暖炉に火を入れてみよう、とか、冬であってもテラスに出てのんびりしよう、そこで暖炉に火を入れて炎を楽しもう、という気になるのもわかる気がします。
まあ、(コレは単なる僕の思い込みかもしれませんが)カリフォルニア南部の沿岸地帯、オレンジカウンティといえば「良い土地」で、比較的裕福な人が多くすむエリアだと思いますので、そういった部分がこういった生活文化と関係がある様にも思います。
All Photos ©Landscape Design Advisor

屋外のリビングに設置された暖炉



色々な暖炉ご紹介シリーズ、第九弾は、屋外のリビングに設置された暖炉です。

パッと見、この写真を見ただけではよくわからないかもしれませんが、この暖炉、庭に設置されてるんです。椅子やソファも庭においてある訳で、ココは屋外(庭)のリビング、という訳です。
横から見るとこんな感じ。
手入れされた芝生の生えるごく普通の庭に、いきなりビルトイン暖炉が出現してしまう訳です。

これには、かなりの「やられてしまいました」感がありました。衝撃でしたね。
庭やベランダなど、屋外をリビングにする、というアイディア自体はそれほど珍しく無く、僕自身も何度か記事を書いて来たんですが、まさか庭に暖炉を設置してしまうとは・・・。
暖房として機能は半減してしまうかもしれませんけど、それでも暖炉の近くにいれば、炭と炉からの遠赤外線効果で結構ポカポカなのでは無いかと。
この発想の自由さ、見習いたいものです。