タグ別アーカイブ: 作り付けの巨大本棚

【区切ってあるのにつながってる】リビングの向こうの格子ガラスで囲われたラウンジルーム



こういうのはどうでしょう?

格子ガラスで仕切って開放的に閉じられたラウンジスペース2

リビングの一画を格子ガラスの壁とドアで仕切って、クローズドなのに開放的な、ちょっと変わったスペースを作り込んじゃってます。

 

ダイニング・キッチンから連なる細長いスペースの一番奥に、

突き当りに格子ガラスで仕切って作られたラウンジスペースのある細長いフロア

個室のようで個室じゃない、壁はあるのに隔たっていないスペース。

細長いフロアの突き当りに作られた、格子ガラスで仕切られたラウンジスペース

 

壁面には全面造作の本棚。書斎というのとも違いますし、リビングというよりかは、ゆったりと寛ぐためのラウンジスペースというような感じでしょうか。

格子ガラスで仕切って開放的に閉じられたラウンジスペース

こういう、「区切ってあるのにつながってる」的なの、良いと思うんですよね〜。

将来の自宅リフォーム用アイディアの1つとして、しっかりとストックさせていただきたいと思います。

( via SANCTUARY )

【スペースの区切り方】リビング・ダイニングの間の白いフレンチドア



こちらのお宅のリビング・ダイニング・キッチン、作りがちょっと良いなと思ったのでご紹介させていただきたいと思います。

リビングとダイニング・キッチンの間には、透明感のある白いフレンチドア。

ガラスの白いフレンチドアで区切られたダイニング・キッチン

 

ダイニング側からのビュー。

ガラスの白いフレンチドアで区切られたリビングとダイニング・キッチン

壁面の造作収納の中心に、門のようにフレンチドアが埋め込まれた形になってます。

 

この作り、何気になかなか良い感じなのでは無いかと。

家のメインスペースであるリビング・ダイニング(・キッチン)を、一塊の大きな空間としてつなげて作って使うというのは1つのオーソドックスな案だとは思うんですけれど、実際に仕切りも何もない大空間のリビング・ダイニング・キッチンを作ってしまうと、冷暖房効率は悪いわ、音も臭いも全体に好きなだけ広がっていってしまうわで、現実的には色々と弊害も多いわけです(かくいう僕自身も、自宅のリビング・ダイニング・キッチンをそういう作りにしてしまったせいで、冬の時期の光熱費には毎月毎月目ン玉が飛び出っぱなしになっております…)。

その点、こうやってフレンチドアを使ってスペースを仕切っておくと、閉じていれば音や空気の流れはしっかりと遮りつつも、ある程度の開放感や採光は得られますし、1つの空間として使いたいときや風の通りが欲しいときになんかには開け放っておけばかなり大きな開口部を得ることもでき、さらに見た目もこの上なく可愛らしいというオマケまでついてくるという、至れり尽くせりな感じなのでは無いかと。

似たようなやり方で別のアイディアとしては、収納の後ろの戸袋に引き込まれていく引き戸という手もありますかね。でも、やはりフレンチドアの方が、開けて良し閉じて良しで、そこにドアがあるというこの存在感が良いかなと。あ、でも、開閉に必要になるスペースなんかのことを考えると引き戸の方が良い面もあるわけで、まあ、最後のところでは好みの問題になってくるんでしょうけれど…。

( via Dust Jacket )