タグ別アーカイブ: 屋外家具

【屋外でも屋内でも】低いデイベッド的な屋外家具の置かれたウッドデッキのテラス



自宅にこういうの、欲しかったんですよね。

Sabi_slide2 低いデイベッド的な屋外家具 ウッドデッキのテラスに2つ並べて

硬くしっかりとした作りの、低いデイベッド的な屋外家具。庭やテラスのウッドデッキに置いて、自宅に居ながらリゾート気分、みたいなのも当然素敵でしょうし、リビングやダイニングの片隅に置いておくのも良さそうです。

 

そもそものところまで遡れば、あれは今の家を建てる際にいろいろとアイディアを練っていたときですから、もう10年近くも前の話。以前のポストでも何度か触れたことがあるんですけれど、雑誌のアマンリゾートの紹介記事にでていたデイベッドに一目惚れしまして、家を建てるついでに、似たようなイメージのものを作ってもらっちゃうかということで、図面も起こして、かなり具体的なところまで行ってたんです。でも、スペースの問題とか細々したことでちょっと悩んでる間にいつの間にか立ち消えて、それっきりになってしまった…ということがありまして。

南国リゾートのデイベッド

※こちらはアマンリゾートではなく、メキシコ南部のイスパタにあるCapella Ixtapa Resort & Spaの写真です。

未練が断ち切れてないもんで、こういうのを見るたびに思い出しちゃうんです。

 

ふかふかのソファに比べて、一見すると、ぐっとくるものが少ないような気もするかもしれませんけれど、意外とそうでもないんですよ。

Sabi 低いデイベッド的な屋外家具 ウッドデッキのテラス

このかっちりとした感じだからこそ、安心して身を任せられるんだと思うんですよね。

飲み物を飲んだり本を読んだり、何をするにも、実は柔らかいものの上って結構やりづらいと思うんです。ましてや、身を横たえた姿勢で、ということになると、ある程度の硬さがあるというのは必須の条件に近いものになってくるんじゃないかなと。

Sabi 低いデイベッド的な屋外家具 ウッドデッキのテラスに4つ並べて

 

この低さがまたいいですよね。

Sabi 低いデイベッド的な屋外家具

高さわずか24cm。地面じゃないのに、限りなく地面に近い、まるで床でそのままごろごろしているかのような感覚。この低さだからこその、究極の落ち着き感。高さのあるソファでは決して得られないものがあるのではないかなと。

 

スペースが許すんだったら、さらに贅沢にダブルベッドサイズにしてみたりすると、コレ、もう最高なんじゃないでしょうか。

Rams Double SUNBED

 

今年の夏こそは、コット、買っちゃおうかな。

スノーピークのハイテンションタイプのやつが(結構いいお値段するんですが)、しっかりしてて良い感じなんですよね。

スノーピーク(snow peak) スノーピークコットハイテンション BD030

こちらは高さわずか30cm。先ほどのデイベッドよりはわずかに高めの位置になりますけれど、この低さなら、イメージ的にはかなり近い感じで使えるのではないかと。

これだったら、いつもは自宅で使っておいて、夏場はキャンプなんかに持って行っても使えますしね。使わないときは分解してしまうこともできますし、結構本気でアリだと思ってます。



( Photo #1,#3,#4,#5,#6 via PAOLA LENTI , #2 via Capella Ixtapa Resort & Spa  )

【遊び心の詰まったコンパクトスペース】素敵な屋外リビング・ダイニング付きの平屋の2LDK



遊び心のある家って、やっぱりいいですよね。

建坪40坪ウッドデッキの屋外ダイニングと庭付きの平屋のモバイルホーム

 

アメリカ西海岸、カリフォルニア州の海沿いの街に建つこちらのお宅、ちょっと素敵なんです。

1500平方フィートの細長い空間に収まる平屋の2LDK。

建坪40坪ウッドデッキの屋外ダイニングと庭付きの平屋のモバイルホームの間取り図

 

メインスペースは広々とした開放的なリビング・ダイニング。

建坪40坪ウッドデッキの屋外ダイニングと庭付きの平屋のモバイルホームのリビング1

 

オーナーご夫妻のご主人はサーファーだそうで。

建坪40坪ウッドデッキの屋外ダイニングと庭付きの平屋のモバイルホームのリビング

見た目ちょっとクラシカルな感じのこのサーフボード、Firewireですから実は結構新しい板ですね。”SWEET POTATO”ってモデルでしょうか。

こちらのサイトのポストで今までにそういうことを書いたことがあったかどうか記憶が定かで無いんですけれど、実は僕もかれこれ20年くらいアレの横好きで海に通ってまして、短めの小波用の板も、5’4″のツインフィンを1枚持ってます。こういうの1枚持ってると、楽しめるコンディションの幅がグッと広がっていいんですよね。

 


話がちょっと脱線しました。こちらのお宅の話に戻りたいと思います。

リビングの脇がダイニング・キッチン。

建坪40坪ウッドデッキの屋外ダイニングと庭付きの平屋のモバイルホームのダイニング・キッチンと暖炉

 

 

リビングとダイニング・キッチンの間には暖炉まであったりして。

建坪40坪ウッドデッキの屋外ダイニングと庭付きの平屋のモバイルホームの暖炉

炉の背板(とは言わないのかもしれませんが)がないタイプ。炉内の温度の上がり方とかのことを考えるとベストじゃないのかもしれませんけれど、両面から楽しめるという意味では、こういうレイアウトで設置する場合にはこれがベストな選択肢なのかも。

 

こちらのお宅、屋外スペースもなかなか楽しそうなんです。

リビング・ダイニングから庭につながるウッドデッキには、屋外ダイニング的なスペース。そしてその脇には、お決まりのパターン的に立派なBBQグリルまで据え付けてあったりして。

建坪40坪ウッドデッキの屋外ダイニングと庭付きの平屋のモバイルホームの庭のBBQグリルでホームパーティ

こういうアメリカ~ンな感じ、いいですね〜。リビング・ダイニングの脇にこんなスペースがあったら、週末は朝から晩までずっとここで過ごしちゃうと思います。

 

そしてさらにその脇には、焚き火台付きの屋外リビング的なスペースまで作りこんであったりして。

建坪40坪ウッドデッキの屋外ダイニングと庭付きの平屋のモバイルホームの庭の屋外リビング

屋外リビング&ダイニングにBBQグリルに焚き火台まで。こちらのお宅のお庭、ウッドデッキまで含めても10坪かせいぜい15坪程度と決して広くはないんですけれど、これだけ盛りだくさんにしてあったら、もうこれ以上何もいらないですよね。

 

家屋の広さが約1,500平方フィート、外観とウッドデッキのサイズあたりから考えるに、縦7m×横20m=140平米弱で建坪40坪ちょい、屋外まで含めても50坪台の後半といったところでしょうか。平屋で建坪40坪って、日本の住宅事情から考えると、都市部だったらそれなりの広さの部類に入るサイズですけれど、アメリカ基準だと「コンパクトな家」という扱いになるんでしょうね。だからこそ「小さい中でも楽しんじゃおう」という感じでいろいろとアイディアが盛り込まれて気がしますし、こういうの、日本の家にも応用できたりする部分が結構あったりするんじゃないかなと。 

これからお家を建てたりリフォームしたりするご予定のある方で、「小さくても面白いスペースのある家にしたいな」とお考えの方がいらっしゃましたら、こちらのお宅を参考にイメージを膨らませてみるというのはいかがでしょうか?

( via Better Homes and Gardens )