タグ別アーカイブ: 屋外家具

【遊び心の詰まったコンパクトスペース】素敵な屋外リビング・ダイニング付きの平屋の2LDK



遊び心のある家って、やっぱりいいですよね。

建坪40坪ウッドデッキの屋外ダイニングと庭付きの平屋のモバイルホーム

 

アメリカ西海岸、カリフォルニア州の海沿いの街に建つこちらのお宅、ちょっと素敵なんです。

1500平方フィートの細長い空間に収まる平屋の2LDK。

建坪40坪ウッドデッキの屋外ダイニングと庭付きの平屋のモバイルホームの間取り図

 

メインスペースは広々とした開放的なリビング・ダイニング。

建坪40坪ウッドデッキの屋外ダイニングと庭付きの平屋のモバイルホームのリビング1

 

オーナーご夫妻のご主人はサーファーだそうで。

建坪40坪ウッドデッキの屋外ダイニングと庭付きの平屋のモバイルホームのリビング

見た目ちょっとクラシカルな感じのこのサーフボード、Firewireですから実は結構新しい板ですね。”SWEET POTATO”ってモデルでしょうか。

こちらのサイトのポストで今までにそういうことを書いたことがあったかどうか記憶が定かで無いんですけれど、実は僕もかれこれ20年くらいアレの横好きで海に通ってまして、短めの小波用の板も、5’4″のツインフィンを1枚持ってます。こういうの1枚持ってると、楽しめるコンディションの幅がグッと広がっていいんですよね。

 


話がちょっと脱線しました。こちらのお宅の話に戻りたいと思います。

リビングの脇がダイニング・キッチン。

建坪40坪ウッドデッキの屋外ダイニングと庭付きの平屋のモバイルホームのダイニング・キッチンと暖炉

 

 

リビングとダイニング・キッチンの間には暖炉まであったりして。

建坪40坪ウッドデッキの屋外ダイニングと庭付きの平屋のモバイルホームの暖炉

炉の背板(とは言わないのかもしれませんが)がないタイプ。炉内の温度の上がり方とかのことを考えるとベストじゃないのかもしれませんけれど、両面から楽しめるという意味では、こういうレイアウトで設置する場合にはこれがベストな選択肢なのかも。

 

こちらのお宅、屋外スペースもなかなか楽しそうなんです。

リビング・ダイニングから庭につながるウッドデッキには、屋外ダイニング的なスペース。そしてその脇には、お決まりのパターン的に立派なBBQグリルまで据え付けてあったりして。

建坪40坪ウッドデッキの屋外ダイニングと庭付きの平屋のモバイルホームの庭のBBQグリルでホームパーティ

こういうアメリカ~ンな感じ、いいですね〜。リビング・ダイニングの脇にこんなスペースがあったら、週末は朝から晩までずっとここで過ごしちゃうと思います。

 

そしてさらにその脇には、焚き火台付きの屋外リビング的なスペースまで作りこんであったりして。

建坪40坪ウッドデッキの屋外ダイニングと庭付きの平屋のモバイルホームの庭の屋外リビング

屋外リビング&ダイニングにBBQグリルに焚き火台まで。こちらのお宅のお庭、ウッドデッキまで含めても10坪かせいぜい15坪程度と決して広くはないんですけれど、これだけ盛りだくさんにしてあったら、もうこれ以上何もいらないですよね。

 

家屋の広さが約1,500平方フィート、外観とウッドデッキのサイズあたりから考えるに、縦7m×横20m=140平米弱で建坪40坪ちょい、屋外まで含めても50坪台の後半といったところでしょうか。平屋で建坪40坪って、日本の住宅事情から考えると、都市部だったらそれなりの広さの部類に入るサイズですけれど、アメリカ基準だと「コンパクトな家」という扱いになるんでしょうね。だからこそ「小さい中でも楽しんじゃおう」という感じでいろいろとアイディアが盛り込まれて気がしますし、こういうの、日本の家にも応用できたりする部分が結構あったりするんじゃないかなと。 

これからお家を建てたりリフォームしたりするご予定のある方で、「小さくても面白いスペースのある家にしたいな」とお考えの方がいらっしゃましたら、こちらのお宅を参考にイメージを膨らませてみるというのはいかがでしょうか?

( via Better Homes and Gardens )

【いろいろ詰めて遊びたい】庭に建てられた開放的な平屋の多目的スペース



こちらのお宅のこのお庭、いいですね〜。

周囲を植えこみで囲われた芝生のエリアから3段上がると、

2つの大きなフレンチドアと天窓のある庭に建てられた平屋の多目的スペース

 

そこには、こんな感じのウッドデッキの屋外ダイニング的なスペースが。

平屋の多目的スペースの脇のウッドデッキの屋外ダイニング

 

右手に見えているこちらの建物がまた素敵でして、

2つの大きなフレンチドアでウッドデッキの庭とつながる平屋の多目的スペース

 

こちら、原文では”Summer house”とありまして、学がないもんで、「夏の家」…?とか思ってたんですが、サマーハウスって東屋のことなんですね。

フレンチドアでウッドデッキの庭とつながる平屋の多目的スペース2

「ゲストコテージ」というような表現も使われてましたから、まあいうなれば、「屋外空間を楽しむための離れ兼ゲスト用のスペース」というような感じなんでしょうかね。

 

それにしても、こんなふうにドアが2つ並んでるってどうなんでしょう?

庭に建てられた平屋の多目的スペースの2つ並んだフレンチドアからウッドデッキの屋外ダイニングをのぞむ

大きなフレンチドアが2つ。開放的で素敵ですけどね。

庭の東屋的なスペースのイメージとかなりマッチしていい感じ。

2つの大きなフレンチドアと天窓のある庭に建てられた平屋の多目的スペースのリビング2

もしかするとこれ、もともとは何か納屋的な用途で使われていた建物で、当初は壁か何かで中央が仕切られた作りだったりしたのかも。それをリノベーションした結果がこの作り、ということなら、分からないでも無いような。

あとは、大きな開口部1つだと強度的に問題があって、いろいろ考えた結果、この作りなら大丈夫、というような…。そうだとしても、その場合はもう少し違った作りになるのが自然でしょうかね。

 

ちなみにこの建物、天窓も、切妻の左右にそれぞれ2つづつ。それに加えて、実は奥側にももう1つありまして、合計5つも天窓があるんです。

2つの大きなフレンチドアでウッドデッキの庭とつながる平屋の多目的スペース

2つの大きなフレンチドアと天窓のある庭に建てられた平屋の多目的スペースのリビング

庭に建てられた平屋の多目的スペースのキッチン

やたらと左右対称とかが好きな人っているじゃないですか。僕はあまりそういうタイプではないので、正直そういう人とは好みが合わないなと思うこともあるんですけれど、こういうのをみると、ちょっと気持ちがわかります。

好きな理由の根っこの部分は結局好みの話になってくるので、そこはちょっと違うとは思いますけれど。僕の場合は、「せっかくいいと思ってるもの見つけたんだから、もっとたくさん並べたい」「可愛いいものをたくさん並べると、もっと可愛い」みたいな感じでしょうか。

 

いつの日か、海の近くとかのスペースに余裕のある土地に引っ越すことができる日が来たら、ぜひともこんな感じの東屋を庭に建ててみたいものです。

キッチンをもっと充実させて、休日は家族みんなでここで料理とかしながらガーデンパーティ的に、みたいな感じで過ごすのも楽しそうですし、作業用のスペースを充実させて、多目的スペース兼書斎、みたいな感じで使うのも面白そうですね〜。風通しの良い場所にロフトでも作ってベッドルームを追加しておけば、それこそ本当にゲストが来たときに泊まれるゲスト用のベッドルームとしても使えそうですし、そうすると、将来的には子ども部屋に転用、みたいな方向にももって行けますかね。

夢はどんどん膨らみますが、現実的には、まあちょっと難しいですかね…。でも、夢を見るのは自由ですから。

( via Light Locations )