タグ別アーカイブ: 屋外家具

【屋外を最大限に楽しむためのアイテム】パーゴラのあるテラスの屋外ダイニング



僕自身、庭やテラスに作り込まれた屋外リビング/ダイニング的なスペースが大好きでして、自宅のベランダでも、屋外用のベンチを置いてみたり、夏になったらタープを張って過ごしやすい環境を作ってみたりと、色々やってるんですが、「せっかく家を建てるんだったら、コレとコレは作っておきたいね」と思うようなアイテムが全てしっかり用意されているテラスの屋外ダイニングを発見してしまったのでご紹介させていただきたいと思います。

こちらのテラスなんですが、どうでしょう?

キッチンと大きな窓でつながるパーゴラのあるテラスの屋外ダイニング

ウッドデッキのテラスの上に、しっかりとした屋外用のテーブルとベンチ。燦々と降り注ぐ太陽の光の下で、朝から家族皆で揃って食事を取って、心身ともにエネルギーを満タンに充電してからお仕事/学校へ、なんて最高じゃないですか?

これだけでも十分に素晴らしいと思うんですが、こちらのテラス、頭上にはパーゴラも作られてたりして(見た感じ、植物を這わす目的とはちょっと違うような気もしますので、パーゴラとは少し違うのかも知れませんが)、これがまたきっと想像以上に色々なところで活躍してくれるのではないかなと。

実際に植物を這わせて、というのも当然ありだと思いますけれど、これを使って頭上にタープを張ってみたり、ホームセンターで売っているような透明の塩ビシートを張ってみたりすると、日陰を作って、暑さの厳しい真夏でも屋外で快適に過ごすことができたり、ちょっとした雨だったら凌げるようなスペースも作れて、屋外空間をより幅広く柔軟に使えるようになると思います。

 

しかもこのお宅、ご覧のように、建物のテラスに面した部分に大きな窓が作られてまして、そこからダイレクトにキッチンにアクセスできるんです。

シンクの正面の大きな窓でテラスの屋外ダイニングとつながるキッチン

窓の部分は、内側がシンクのカウンターになってるわけですが、外側にもカウンター状のスペースが作られてますので、料理や食器類を表に出したり、食事後にそれをまたキッチンに下げたりするときにも、このカウンター経由で楽に運ぶことができますし、2人程度だったらこのカウンター部分で食事をすることもできちゃいます。

 

せっかく頑張って家を建てて、そこに庭やテラスを作って家での生活を楽しもうというのであれば、やっぱりその屋外環境を最大限に楽しめるようにしておきたいじゃないですか。

こういう各種アイテムの作り込み、あるのと無いのじゃ、屋外環境の使い勝手が格段に変わってきちゃうと思うので、こういうお宅を参考にして、できる限りイメージを膨らませつつ色々と作り込んでおくのが宜しいのではないかと。

( via realestate.com.au )

【空間のつなげ方】木漏れ陽とタープの下のデイベッドのあるウッドデッキの屋外リビング



庭やテラス、バルコニー、屋外リビング/ダイニングに一定以上の思い入れのある方だったら、思い切ってこんな感じの屋外スペースのある家を目指してみるというの、良いと思うんですよね。

タープの張られたデイベッド付きウッドデッキの屋外リビング

ウッドデッキのバルコニーの屋外ダイニング。頭上の木々と、その間に張られたタープの隙間から降り注ぐ柔らかな木漏れ陽の下にデイベッド。

自宅にこんなスペースがあったらサイコーですね〜。

 

こちら、アメリカ西海岸 ロサンゼルス北部のイーグル・ロックの街に建つミッドセンチュリースタイルのお宅なんですけれど、このバルコニーだけじゃなく、家全体がかなり良い感じの作りになってます。

上の写真のウッドデッキスペースの上には、こんな感じのバルコニーが。

タープの張られたウッドデッキのバルコニー

これだけでも十分に屋外スペースを楽しめちゃいそうな感じ。

 

このフロアの内部はこんな感じ。

タープの張られた落ち着いた日陰の庭に面したリビング2

壁のかなりの範囲が窓になっていて、ややもすると外から丸見えになってしまいそうな気もするところを、外部からタープで覆うことで、開放感を損なわずに外からの視線を上手に遮ってます。

タープって良いですよね。必要に応じて張ったり外したりが柔軟に出来ますから、こうやって日差しや視線を手軽にコントロールすることができます。これからお家を建てる予定の方、もしも可能なら、庭やテラスの壁、家の外壁あたりへのヒートンや丸金具の取り付けを検討しておくと、庭やテラスにタープを張るときに重宝しますし、それ以外にも後々色々なことに使えて便利ですよ。

タープの張られた落ち着いた日陰の庭に面したリビング1

 

このリビング、サイドには暖炉まで用意してあったりして。

ミッドセンチュリーハウスの暖炉のある落ち着いた雰囲気のリビング

 

暖炉の脇には、こんな感じの包まれ感のある寛ぎのスペース。

ミッドセンチュリーハウスのスキップフロアでつながるリビング・ダイニング

 

そこから、スキップフロア状に数段の階段を介して接続された半フロア高いスペースが、ダイニング・キッチン。

ミッドセンチュリーハウスの落ち着いたダイニング

ミッドセンチュリーハウスの落ち着いたダイニングキッチン1

 

外部からリビング、ダイニング、キッチンと続く一連のスペースの緩く連なった感じ、なかなか良くないですか?

しかもこのキッチンからも、こんな感じでバルコニーに出て行くことができるようになってたりして。

ミッドセンチュリーハウスの落ち着いたダイニングキッチン2

こういう複線化された動線が、スペース全体に更なる奥行きと拡がりを持たせてくれてますよね。

 

こういう空間のつなげ方の各種アイディア、色んなところに応用してみるというのも良いと思うんですよね。例えば、都市部の狭小住宅なんかに取り入れてみても、別に広々ゆったり贅沢に、みたいな作りのお宅とは一風変わった感じで、それはそれでまた面白い感じになってくれたりするのではないかと。

( via apartment therapy )